So-net無料ブログ作成

「愛の賛歌」という古い映画 [日記]

白い水仙.JPG
庭の水仙

光テレビのビデオで山田洋次監督の「愛の賛歌」という映画を見ました。
制作は1967年です。以前記事に書いた同山田洋次監督の「家族」の制作年が1970年なので、ほぼ同時期に作られた映画です。

原作はマルセル・パニョルの『ファニー』。ジョシュア・ローガン監督によって1961年にレスリー・キャロン主演で映画化されている

あらすじですが、
瀬戸内海の小さな島。幼い妹たちをかかえて身寄りのない春子(倍賞千恵子)は父親代わりに育ててくれた千造(伴淳三郎)が営む食堂で働いていた。

そこで働く春子と竜太(千造の息子で春子と恋仲の竜太)は恋人同士だった。竜太(中山仁)は新天地への憧れから、ブラジルへと渡ってしまう。残された春子が竜太の子、竜介を妊娠した時、親身になって面倒 をみてくれたのは、診療所の医師、吉永(有島一郎)だった。

竜太は言葉が通じない苦労と、春子や父親のことが忘れられずブラジルから帰ってきて春子と再会する。竜太は吉永と春子 が竜介を中心に、まるで夫婦のように打ちとけている様子に、不安をおぼえるが、あとから竜介が自分の息子である事を知る

竜太は大阪へ行って春子と竜介の3人で暮らそうと言う。それを聞いた吉永がこの子を自分が育てたい・自分にくれないかと言う。竜太は自分が親なんだからと反対する。

しかし、千造は、春子を置いてブラジルに行ってしまった竜太に親と言う資格は無いと叱る。そして竜太は去っていった。去った翌日仙造が前日飲酒で大荒れ、朝に死亡しているのが発見される。竜太の手紙をにぎって倒れていた。手紙で竜太の大阪の住所が判る。
 
吉永は春子に竜太と一緒に暮すよう話す。港で島のみんなが春子を見送る。

このような あらすじです。

ここから私の感想です。
初めこの映画の倍賞千恵子を見た時、いつもの髪型では無い所に目が釘付けになりました。いつもは髪の毛を後ろで一つに結んでいますが、この映画では、おかっぱです。それが初々しくとても可愛く見えました。

当時の時代背景からなのか、妊娠した子供の父親が竜太なのにブラジルから帰ってきた竜太に貴方の子供だと言わなかった事には理解できませんでした。

竜太が春子と竜介の3人で暮そうと言った時、吉永が竜介をくれと言う。それを聞いた竜太の父親の千造が吉永を気遣い、竜太に親になる資格は無いと言う。

吉永が春子と竜介の面倒を見てきた事、愛情を春子と竜介にかけていた事を知っているだけに、竜介を欲しいと言ったのであれば、我が息子を叱るよりなかったのだろうと思う。

竜太、千造、吉永と、それぞれの気持ちを察っする。
竜太は春子が妊娠していると知らなかったにしろ、生まれた竜介を育てたのは吉永だから、千造はそう言うより仕方無い。これも、まともだと思う。

でも千造が亡くなった時、吉永は千造が亡くなったのは自分が竜介を欲しいと言ったせいで千造が亡くなったのではないかと後悔する。そして吉永の本当の気持ちは息子とその嫁、そして孫が一緒に暮らすことだったと思うと春子に話す場面がある。なんて善人なんだとうと思った。こんな人も居るのだと。

当時、父親が不在で妊娠し、子供を産むのは大変だった時代。それを温かく見守る島の人達。みんな良い人で人情味がある。

島の人には、千秋実、太宰久雄、左卜全、小沢昭一、北林谷栄さん等、昭和のスターが出演しています。懐かしかったです。

「愛の賛歌」という題名ですが、千造、吉永の親として 子供に対する愛の賛歌ではないかと思いました。



=========================================================================


 スポンサーリンク





=========================================================================


白髪隠し アートミクロンプラピ [お気に入り]

a-tomikuronn.jpg


この年齢になって困るのは白髪が伸びてくることです。美容院に行って白髪を染めて貰っても1カ月経てばもう白髪が伸びて目立ってきます。美容院で染めて貰うと 白髪染めだけで約5千円かかります。

美容院に行くとお金がかかるので少しでも安くならないかと色々と探し試してみたものがありますが、

・白髪が少しずつ染まっていくシャンプーやコンディショナー等 市販の白髪染めを試しましたが、なかなか染まりません。

・バッチリ染まる市販の白髪染めは価格が安いけど成分が気になり試す気になりません。
私の頭皮は敏感肌なので。顔の肌は敏感ではなくて普通です。

・頭皮に優しいと言われているヘナは値段はそこそこ納得いくのですが、染め剤を付けて放置するまでの時間がかかり、その割には染まり方が今ひとつです。

上記の白髪染めはどれも満足がいきませんでした。やはり美容院に頻繁に行くより仕方無いかなと思っていた所、たまたまテレビを見ていて買った商品がとても良かったです。
白髪染めとは書いてありません。白髪隠しと。
アートネイチャー瞬間増毛&白髪隠しアートミクロンプラピ。

ウィッグで有名なアートネイチャーが出している商品です。生え際や分け目部分の白髪や薄毛といった髪の気になる部分を、そのままパフ でポンポンとなじませてカバーすることができます。

簡単でスピーディにあっというまに白髪をカバーすることが出来ます。
この商品の良い所がもうひとつあります。気になっている薄毛や地肌をカバー出来る所です。

髪の毛が薄くなっている部分にパフをポンポン当てていくと、微粒子のパウダーが少しずつ出てくるので、髪の量が多くなったように見えます。瞬間増毛です。また透けている地肌がまったく目立たなくなります。

今まで似たような白髪隠しでマスカラ型、ファンデーション型と使ってみましたが、染め剤が手に付いたりガチッと平べったく固まったりと今ひとつでしたので この商品が一番私に合っています。染め粉が手に付かないし、ガチッと固まりません・


アートミクロンプラビは髪 のボリュームが気になる、最近髪の毛が細くなってきたという人にもおすすめ。頭皮のことを考え、頭皮へ潤い・ハリを与えるゲンコウ(チンピエキス)を配合しています。

ゲンコウは、佐賀県の一部でしか採れない貴重な柑橘類で、ゲンコウの成分を使用した化粧品は、日本で初めてとのことです。頭皮にも良いのですね。

美容院に行って1か月後、目立ってきた額の生え際・髪の分け目・頭頂部にポンポンするだけで白髪が目立たなくなります。そして頭頂部と分け目もまったく薄毛が目立たなくなります。おまけに髪がふんわりと。とても満足のいく商品です。

今までは美容院で染めて1カ月過ぎには白髪に悩んでいましたが、アートミクロンのおかげで後1カ月間は美容院に行かなくても良いので経済的にも助かっています。

値段の安い時に買いました。¥6,990円(税込)で購入。今値段を見ると¥10,989円で売られています。¥4000円は大きいですね。絶対安い時に買わなくては。

約4~5ヶ月分持つと記載されています。使用方法により異なりますが私は出掛ける時だけ使用しているのでもっと長く持たせています。1年以上です。

色はダークブラウン・ナチュラルブラック・ブラウンの3色あります。ちなみに私はブラウンを買いました。

アートネィチャー.JPG


これは白髪が目立ち急に人と会う約束が出来た時や、集まりがあるのだけど美容院に行くほど白髪が目立たない、でも少し出た白髪が気になる。等こういう時にぴったりの商品です。

1本持っていると安心です。私はこれで何度も助けられています。

美容院に次に行くまでの白髪隠しに丁度よいです。

ヘアスタイルをキープすることが出来るという「ヘアミスト」がセットで付いてきましたが、これはほとんど使っていません。写真の右側に映っているのが「ヘアミスト」です。



=========================================================================


スポンサーリンク






=======================================================================

ゆうパックで荷物を送る [日記]

金柑.jpg


今日も昨日に続き甘夏みかんのマーマレードを作りました。マーマレード作りも手順を覚えれば、そんなに難しくなく手間こそかかりますが、そんなに大変とは思わなくなってきました。

前に一度妹の所にマーマレードを送ったところ、凄く美味しかったと喜んで貰えました。
その時は橙のマーマレードでした。電話で「今度は甘夏みかんのマーマレードを送るね」と言ったら「楽しみにしている」と。

妹に送る荷物があったので昨日に続いて今日も甘夏みかんのマーマレードを作りました。本州に住む妹の所には明日荷物が着きます。マーマレードは1日置いてから食べたほうが美味しいので、ちょうど良いと思いました。

マーマレードの他に庭の甘夏みかんと金柑、貰ったサツマイモ等の野菜を一緒に荷物に入れました。

妹は金柑が好きで、以前 四国のこの家に遊びに来た時、庭をぐるりと回って「金柑の木があって良いね」と言いながら、まだ黄色に色付いてない金柑をちぎって食べていました。
金柑は皮を食べます。「ガリッと食べるのが好き」と言っていたので、金柑も一緒に入れました。

上の写真は庭の金柑です。

荷物を送る時は、ほとんど近くのコンビニに行って「ゆうパック」で出しています。
ゆうパックはダウンタウンの「まっちゃん」がCMで出ていますね。真面目な、まっちゃん。

ゆうパックは「持込割引」があり、郵便局やコンビニなどの取扱所に持ち込むと1戸につき120円の割引があります。

また、「同一あて先割引」もあり前回と同じあて先に送ると60円の割引があります。
以前も妹の所に荷物を送った事があるので、今日は「持込割引」と「同一あて先割引」の2つが適用され¥180円割り引いてもらえました。¥180円はけっこう大きいと思います。得した気分になります。

私は同じ所に荷物を2個、送る事はほとんどありませんが、「複数口割引」もあります。
こちらも¥60円の割引です。
「同一あて先割引」と「複数口割引」は一緒には使えません。どちらか一つだけです。

最大1個につき¥180円割引になります。

差出日前1年以内に差し出されたゆうパックで同一のあて先が記載されている ゆうパックラベルの控えが必要になるので前回のラベルは捨てないで忘れずに取っておかなくてはいけません。

また、運賃・料金を着払とするものは対象となりません。コンビニの店員さんから着払いじゃ無いですね?と聞かれます。他にも数量割引などの割引もあるようです。

荷物1個につき180円もの割引は嬉しい限りです。この割引は大きいですよね。

荷物を詰めながら、箱を開けた時の妹家族が喜ぶ姿が目に浮かびます。


========================================================================

スポンサーリンク





=======================================================================


甘夏みかんのマーマーレード 作り方 [食べ物]

今日は甘夏みかんのマーマレードを作りました。

私の朝食はパンです。パンにバターを塗り、その上からイチゴジャムやブルーベリージャム等のジャム系をたっぷり塗って食べるのが大好きです。それにコーヒー。この組み合わせが大好きです。

庭に甘夏みかんの木があるので 今は市販の苺ジャムは買わずに、もっぱら柑橘系のマーマレードを手作りして食べています。

夫婦ふたり暮らしなので圧力鍋でたくさん作り、食べる分だけ冷蔵庫に入れ、あとは冷凍庫で保存しています。そろそろ無くなりそうなので、今日は甘夏みかんのマーマレードを作りました。

材料は甘夏みかんとお砂糖だけです。 これだけで美味しいマーマレードが出来ます。

我が家の甘夏みかん 無農薬なので皮が汚いですが安心して食べられます。綺麗に水洗います。
034.JPG


甘夏ミカンの皮を剝きます。皮が固いと思ってそぎ切りしました。手を切らないようにするにはそぎ切りが一番安全だと思います。
そぎ切り.JPG


そぎ切りもよいのですが、リンゴの皮をむくようにクルクル切る方が早いです。でもツルッと滑りそうなので、皮をむく時は注意が必要ですね。夏ミカンの個体差もあるので柔らかい皮の時はこの剝き方に私はしています。
017.JPG


皮は279gありました
皮279グラム.JPG


皮を細く切りさっと水洗いする。
水にさらす.JPG


圧力鍋に皮とヒタヒタの水を入れ蓋をして火にかける。シューとなったら火を止める。
ひたひたの水.JPG


圧力鍋で煮た甘夏みかんの皮は1時間弱水に浸す。2~3回水を変える(写真を撮り忘れました)

果肉1036g
果肉.JPG


皮279g+果肉1036g=1315g 
そのうちの60%が砂糖として  279g+1036g×0.6=789g お砂糖の量は789g
袋に入った砂糖が769g残っていました。20g少ないですが、今回はこれをそのまま使います。
砂糖 (2).JPG


お鍋の中に果肉をつぶしながら入れ砂糖を加える。そこに皮を入れて火にかけ煮詰める。
果肉が多く水分がたくさん出たので今回は弱い中火で1時間煮ました。
とろみを出すため、種を茶袋に入れて一緒に煮ました。
圧力鍋で.JPG



殺菌の為タッパーとビンはさっと水にくぐらせ、レンジの500ワットで1分間チンしました。

荒熱か取れたら容器に夏ミカンのマーマレードを入れて出来あがりです
出来あがり.JPG


作っている最中、甘夏ミカンの甘酸っぱい香りがします。1日経ってから食べるとより美味しくなります。
明日が楽しみです。そうそう甘夏みかんは そのまま食べてもとても美味しいです。


=========================================================================

スポンサーリンク





==========================================================================

庭の花 黄色いレンギョウの花 [庭の花]

今日は庭の花・レンギョウをアップします。

冬の間、枯れ木だったレンギョウも春に近づくにつれ、黄色い花を少しずつ付け初め、今では枝いっぱいに花を咲かせてくれました。

庭には水仙、ビオラ、ジュリアン等の黄色い花が咲いていますが、レンギョウが加わり少しずつ春の庭らしくなってきました。黄色い色は気持ちも明るくしてくれます。

お花は黄色い四弁で花径は約2.5㎝。葉が出る前、または葉と同時に枝から花を咲かせます。

れんぎょう.jpg


レンギョウは学名:Forsythia suspensa モクセイ科レンギョウ属の落葉性低木広葉樹。別名、レンギョウウツギ(連翹空木)。古名は、いたちはぜ、いたちぐさ。中国名は黄寿丹。英名はゴールデンベル (golden bells, golden bell flower)。
原産地:中国、朝鮮半島、日本

renngilyou4.jpg


レンギョウの特徴をネットで調べると
「繁殖力が旺盛で、よく繁る。樹高は1 - 3mまで育ち、半つる性の枝は湾曲して伸び下に垂れ、地面に接触すると、そこからも根を出し新しい株ができる」
上の写真は北側駐車場横のレンギョウです。大きな株が3つあります。地面に接触して新たに株をつけたのかもしれません。

漢方薬にも使われているそうです。
果実にはルチン(rutin)等の成分が含まれるので漢方薬とされ、生薬名を「連翹」(れんぎょう)と言い、消炎や利尿、解毒に効くとされます。


レンギョウ3.jpg


丈夫な木です。ウチは手入れは何もしていません。伸びたら主人が適当に切っているようですが。

レンギョウの近くに紫色をしたお花が咲いていました。名前は解りませんが 小さい花も可愛いです。
むらさき.png



========================================================================


スポンサーリンク






=========================================================================

草津温泉 湯畑 [旅の思い出]

ヤフーニュースを見ていると「みんなで選ぶ第8回温泉大賞」で
草津温泉が8年連続で最高位の「東の横綱」に選ばれたと書かれていました。
「西の横綱」は 別府温泉です。

また、「にっぽんの温泉100選」でも草津温泉が13年連続1位。こちらは全国の旅行業者らが選ぶ温泉地ランキングなので、プロが選んだということですね。

草津温泉(くさつおんせん)は、群馬県吾妻郡草津町にある温泉です。

名湯「草津温泉」は歌にもあるように一度は訪れたい温泉で、私は2012年に行ってきました。初めて湯畑を見た時は驚きました。テレビで見たことがあるものの、やはり見慣れない景色です。
草津のシンボル湯畑は温泉街の中心部に湧く源泉です。
草津温泉.JPG


日本三名泉の1つである草津温泉。
自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています。
その泉質は日本有数の酸性度で、pH値は2.1(湯畑源泉)。雑菌などの殺菌作用は抜群。
日本三名泉とは下呂温泉・有馬温泉・草津温泉

お湯の成分が書かれていても難しくて解りません。草津温泉の特徴は酸性・硫黄・高温泉。


木の枠に囲まれた所から沸々と源泉が湧き出ています。
源泉.JPG


7本の樋の底には湯の花が溜まります。それで湯畑というのですね。
湯畑の温度はかなり熱く、そのため湯畑には、源泉を7本の湯桶に分け自然に温度を冷ましています。
この樋は湯の花を取るためと、各温泉施設に源泉のお湯を冷まして送るためですね。他にも理由があるかもしれませんが。
湯の花.JPG


滝のように落ちるお湯。湯量が多いのが解ります。
028.JPG



7本の湯桶は、ここで1つになって、草津温泉の各温泉宿へと運ばれます。
027.JPG


レトロなお店が湯畑とマッチしていると思います。
アップ.JPG


湯もみショーが行われる熱の湯で「湯もみ」の体験ができます。私も体験しました。
湯もみと踊り.JPG


草津のお湯は非常に高温なので、古くから木の板を使って湯をかきまぜていました。
これがいわゆる「湯もみ」です。

湯もみの様子.JPG



白旗(しろはた)の湯 源頼朝が発見したと言われる温泉
共同浴場のひとつ。無料の共同浴場。私も入ってきました。熱いのなんのって。浸かることが出来ませんでした。
050.JPG


草津温泉のお湯は皮膚病に効くようです。しばらく湯治すれば水虫なども治りそうですね。


========================================================================



スポンサーリンク







========================================================================

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ポット・アマリリス [日記]

アマリリス赤2.JPG

今年の1月、知人からポット植えアマリリスを2つ頂きました。以前、妹からプレゼントに貰った事があり、育てるのが楽な割には大きく立派な花を咲かせてくれるのを知っていたので私はアマリリスのプレゼントに大喜びしました。

アマリリスと聞いて思い浮かべるのは小学校の時、音楽の時間で習った「アマリリス」
です。ソ♪ラ♪ソ♪ド♪ソ♪ラ♪ソ♪~調べはアマリリス♪かろやかで、歌っていて楽しくなるメロディーです。

amaririsu.JPG

クラスのみんなで歌ったり、たて笛で合奏しました。小学校から家までの帰り道、たて笛を吹きながら家に帰った頃を懐かしく思います。たて笛は今、リコーダーと言いますね。小学校の時に習ったせいか、可愛いお花というイメージを持っていましたが、ポット・アマリリスは豪華なお花です。

アマリリス赤上.JPG






←真上から撮影 4つのお花が咲いています







育てるのが楽というのは、花を咲かせるのに必要なのはお水だけで肥料はいらないのです。
ポットの中に初めから肥料が入っているのでしょう。

箱の中に説明書が入っているので、書いてある通りにお水をあげると、水をやり始めて6~8週間でそれは見事な美しい花を咲かせてくれます。

水をあげるタイミングや量、置く場所など全部書かれているので安心して育てる事が出来ます。

023.JPG

水やりは、
・箱から出して初めにやる事は少量(50㏄程度)の水を与え、
・次の水やりは芽や葉が出てからで、2週間に1度を目安にコップ1杯(100㏄程度)
の水を与える。

注意書きとして芽や葉が出るまでみずを与えないでください。またその後も水を与えすぎると球根が腐る事があります。と書かれています。

初め、ポット・アマリリスに水を50㏄与え、次の水やりは芽や葉が出てから100㏄。
その後は2週間に1度100cc水をあげる。それだけでお花を咲かせてくれるので
本当に手軽だと思います。

冬の鉢植えの水やりってお水の量が多くても少なくてもいけないし、難しいと思っていました。このように書かれていると安心して育てる事ができますね。

置く場所についても書いてあります。
室内の窓辺など、陽が良く当たる暖かい場所に置いて下さい。ポットを回して陽の当たる位置を均等にすると、茎がまっすぐに育ちますーと。寒さはアマリリスの大敵なんですね。

アマリリス白い.jpg





アマリリスは芽や葉が出てからの成長が早く、毎日、茎がどんどん伸びていくのが、目に見えて解るので、毎日が楽しいです。 アマリリスはヒガンバナ科。 それで立ち姿はヒガンバナに似ているのだと思います。








1月18日、白と赤のアマリリス同時にお水をやり始め、白色は3月4日に開花しました。が、現在は枯れました。
赤色は3月18日に開花し、今も咲いています。個体差があるので同時には咲きませんでしたが、その分、お花を長く楽しめています。

白色のアマリリスは1本の茎にお花が2つ。赤色のアマリリスは1本の茎にお花が4つ付きました。どちらの色もとても綺麗です。

手入れをすれば 来年も花を咲かす事が出来るそうです。


=======================================================================



スポンサーリンク






========================================================================


懐かしい御用聞き [日記]

椿白い.jpg
庭の白い椿


前の記事で私が子供の頃、母が作ってくれた醤油味のお好み焼きの事を書きました。
当時、御用聞きが自宅に来て、酒や米、味噌や醤油等の注文を取っていたのを思い出しました。

御用聞きと聞いて ピンときた人は少ないと思います。

御用聞きとは
・商店などで、得意先の用事・注文などを聞いて回ること。また、その人。
また他の意味もあります。
・(政府の公用を承る者の意から)江戸時代、官から十手・捕縄を預かり、犯人の捜査・逮捕に当たった民間の者。岡っぴき。目明かし。
とされています。江戸時代の事は置いといて、御用聞きってあまり聞きなれない言葉かもしれません。

一番解りやすいのはテレビアニメのサザエさんの登場人物。三河屋の「さぶちゃん」です。三河屋さんは酒屋さんでしたね。

「まいど、三河屋です」と言って磯野家を訪問しサザエさんから注文を取っています。
「さぶちゃん」が御用聞きです。各家庭を回って注文がないか聞いて回る仕事です。

子供の頃、御用聞きがウチにも来ていたのを覚えています。
「こんにちは○○です。何か要るものはありませんか?」と言って注文を取り、家まで届けてくれていました。

母親は「味噌と醤油をお願いします」と言って、足らなくなってきた味噌や醤油を頼んでいました。

車が一般家庭にはあまり普及して無かった時代です。重いお酒の一升瓶やビールをケースで頼んだりするのには便利だったと思います。

また子供が小さく、妹をおんぶして買い物に行かずとも注文を取りに来てくれるので母自身楽だったのではないかと思います。

また魚屋さんが不定期ですが行商に来ていました。「お早う御座います。こんなのが入ったよ」と言って。
父親が魚好きだったのでよく買っていたのを覚えています。これは御用聞きとはまた違うのかも知れませが。

御用聞きの人から地域の情報を得たり、ちょっとした話し相手になったりと品物を買うだけでなく、そこには人と人のふれあいがあったように感じます。

その頃はまだスーパーの無い時代でした。市場はありましたが市場は薬屋、お菓子屋、魚屋、肉屋、乾物屋、酒屋など、それぞれ個人のお店が入っていたので商品は御用聞きと変わらない値段で売られていたのではないかと思います。

スーパーが出来ると品数も多く何でも揃える事が出来て、それに値段がスーパーの方が安いので御用聞きは自然に無くなってしまったのでしょうか。

今は、御用聞きは来ませんね。

お金持ちのお宅にはデパートの外商が今も御用聞きで回っていると思います。うちには関係のない話ですが。



=========================================================================


スポンサーリンク







=========================================================================

越生梅林(おごせばいりん) [旅の思い出]

昨日は偕楽園の梅まつりに行った時の記事を書きましたが関東には偕楽園の他にも有名な梅林があります。越生梅林(おごせばいりん)と言って、埼玉県入間郡越生町越辺川沿いに広がる約2ヘクタールの梅林です。

約2ヘクタールの敷地に約1,000本の梅の木が植えられています。
越生梅林は水戸偕楽園、熱海梅園と共に「関東三大梅林」の1つとされています。

今年3月初めテレビの「出没! アド街ック天国」で越生の梅林が出ていました。
私が行ったのは2010年ですが、テレビを見て懐かしく思いました。

越生は山間の小さな町といった印象で日本の原風景のような感じでした。
東京から電車で約1時間半。越生は埼玉県の中央に位置します。

樹齢650年以上の古木もありその生命力には驚きます。梅まつりの期間中はミニSLも走っていました。
越生梅林トップ.JPG


越生梅林 (2).JPG


越生梅林3.JPG


毎年2月下旬~3月下旬開催の「梅まつり」では園内253mをミニSLが走る(1周/税込200円)。
ミニSLは大人も子供も楽しめますね。
越生梅林.JPG


越生梅林2.JPG


樹齢650年以上の古木「魁雪」は越生梅林で最も古い梅の木。南北朝時代の1350年に大宰府から分祀した際に植えられたと言われている。梅の花がちゃんと咲いています。

梅の古木.JPG


寛ぐ人.JPG


都会の喧騒から離れ自然の中で梅に囲まれ
シートを広げ お弁当を食べたり寛いだりしてもよし。みんなが思い思いに楽しめる場所だと思いました。


=========================================================================


スポンサーリンク







=========================================================================

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

水戸の偕楽園 梅まつり [旅の思い出]

昨日、10年日記を付けていたら 一昨年 茨城県水戸市の偕楽園に梅を見に行った事が書かれていました。
3月22日に行っています。梅はもっと早いかと思っていましたが。梅まつり最終日に行ったようです。

偕楽園は、金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられています。

梅の名所として有名ですね。関東に住んでいる間に一度は行ってみたいと思っていた場所です。

偕楽園は天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造られました。
領民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと、この巨大な大名庭園は斉昭自らにより「偕楽園」と名づけられた。

偕楽園には約100品種3000本もの梅が植えられており、様々な 品種があるため「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができ ます。

梅まつりの時期に電車に乗って行ってきました。

電車の名前はその名も、快速「水戸梅まつり号」大宮駅から偕楽園駅まで一本で行け乗り換えなしなのでとても便利でした。偕楽園駅は梅まつりの時期だけに停まる臨時駅です。全席指定

梅まつり号2.jpg


梅まつり号.JPG



梅1.JPG



梅2.JPG


水戸と言えば黄門様ですね。梅まつりの日は黄門様ご一行も。
後ろに映っている建物は偕楽園の中心となっている好文亭(こうぶんてい)
黄門様ご一行.jpg




好文亭は徳川斉昭自らが設計したもので、木造2層3階建ての好文亭本体と北につながる奥御殿からなり、全体を総称して好文亭と呼んでいる。
好文亭.jpg


好文亭の名前の由来は、晋(しん)の武帝の故事「文を好めば則ち梅開き、学を廃すれ ば則ち梅開かず」により、梅の異名を「好文木(こうぶんぼく)」といったことから命名されたといわれています。

好文亭から見た景色 千波湖が見えます
景色好文亭から見た.jpg



梅4.JPG


水戸駅
水戸駅.jpg


水戸駅の納豆像  水戸といえば納豆ですね
水戸の納豆.JPG


水戸駅の黄門様像
水戸黄門.JPG


偕楽園は、たくさんの梅の花と甘酸っぱい梅の香りが広い園内いっぱいに広がっていました。


========================================================================



スポンサーリンク







========================================================================

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行