So-net無料ブログ作成

青柳ういろう ひとくち [お菓子]


スポンサーリンク




-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

青柳ういろうをお土産に頂きました。

ういろうは名古屋を代表するお菓子のひとつです。
名古屋のお土産と言えばういろうが一番に浮かびます。

今日は創業明治12年の老舗、青柳ういろうのウイロウを記事にします。

青柳ういろうと言えば「柳に飛びつくカエル」が有名。プラにもマークが↓

047.JPG



包み紙も柳ですね。

042.JPG



青柳ういろうは国産の米粉から出来ているとの事です。

米粉のやさしさとお砂糖の上品な甘さがよく合っています。

あまり甘く無く、少しもっちりとした食感も好きです。


外箱


043.JPG


ういろうのサイズは色々とあるようですが、

私はこの一口サイズのういろうが大好きです。
名前もひとくちですね。

大きいイズのういろうは食べる時、包丁で切り分けなければいけません。
どうしても包丁と手がベタベタになってしまいます。



054.JPG




昔は大きい1本サイズでした。



その点、この一口ういろうは包丁は要りません。

ういろうを包んでいるプラのフィルムを記載通り↓に開ければ、
手を汚さずに食べる事が出来ます。

048.JPG




またサイズが、丁度よく食べきりサイズになっています。

頂いたういろうの味は4つです。
さくら、抹茶、しろ、上がりの4味です。どの味も好きです。



包丁の要らないひとくちサイズのういろう、お値段もそこそこで買いやすいです。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク







徳島阿波おどり空港の展望ホールからの眺め [日記]


スポンサーリンク




-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


前回の9月21日、徳島阿波おどり空港を記事にしました。
今日は阿波おどり空港3階にある展望ホールを記事にします。


この展望ホールの特徴は飛行機の発着が見られる事だけでなく、
徳島が誇るLEDライトがふんだんに使われている事です。
その数、7万個以上とも。

展望ほーる2.JPG



展望ホールの入口にはLEDのアーチがあります。
木のベンチとLEDのアーチ、自然の物ともマッチしています。

アーチ.JPG



アーチの先には展望ホールがあり、注目するのは天井の飾りです。

立派なホテルの天井によく豪華なシャンデリアが釣り下がっているのを見ますが、
そのシャンデリアがLEDの電飾に換わった、そんな感じです。

電飾1.JPG



広くない展望室にLEDの電飾が3つあります。
色が変わり、とても綺麗です。

電飾2.JPG


まるでクリスマスのイルミネーションのようです。

実は徳島はLED(発光ダイオード)発祥の地なんです。

034.JPG



そして此処、展望室から肉眼で大鳴門橋が見えます。

大鳴門橋(オオナルトキョウ)  望遠で撮影。ボケてしまいました。

027.JPG



右側の島は淡路島でしょうか。
大鳴門橋を渡れば淡路島です。


036.JPG




徳島を象徴する山、眉山(びざん)↓も見えます。中央の山。
天気が今一つだったので、はっきりとは見えなかったのが残念です。

028.JPG



飛行機.JPG


全日空の飛行機が飛び立ちました。↑




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク






鉢植えのスプレー菊が満開になりました。 [庭の花]

スポンサーリンク




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


去年、鉢植えにしたスプレー菊が今年も咲きました。

去年2つ苗で購入し鉢で育てました。
花を咲かせた後、茎元で切りました。

今年は花が咲くかな?と思っていましたが、今年も咲いてくれました。


キク (2).JPG


オレンジ系の色ですが
明るいオレンジ系では無く、くすんだ色合いも渋くて良いと思います。


流行りの色はパステルカラーのピンクや黄色でしょうか。


きく3.JPG


スプレー菊
別名 スプレーマム
キク科
原産地 中国、アメリカ。ヨーロッパ
多年草


008.JPG



アメリカに渡って改良された園芸品種が、里帰りした花。
1本の茎に何輪もの花を放射状に咲かせる西洋菊の事。

西洋菊との事ですが、この色目は日本的だと思います。

自立して立てないので支柱で支えました。

キク.JPG



スプレーとは先が分かれた枝との意味のようです。

切り花にして仏壇にお供えしようと思います。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク






鮪(マグロ)をさばいてお刺身にしたよ。 [食べ物]


スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先日、知人から鮪(マグロ)を1本頂きました。

鮪の種類は何でしょうか。
調べてもよく解りません。


マグロ1本だなんて、自分で買う事はまずありません。
お刺身にしたいと思いました。二人でお腹いっぱい食べる事が出来ます。

主人がお刺身を作りました↓
012.JPG


調べて見ると、ビンチョウマグロかメバチマグロのような気がします。


長い胸ビレが特徴がビンチョウマグロ。

ビンチョウマグロの名前の由来は
胸ビレを鬢(ビン)に例え 胸びれの長いマグロ=ビンチョウマグロと名前が付いたようです。


漢字で書けば鬢長鮪。

ビンチョウマグロ、他にビンナガマグロとも呼ばれているようです。
鬢長の長はチョウともナガとも読みますね。


大きさは42センチ、マグロの子供でしょうか。

マグロ.JPG




このマグロはビンチョウマグロかと思いましたが、胸ビレが少し短いようにも見えます。

胸ビレがビンチョウマグロ程長くは無いけどメバチマグロも、そこそこ長いようです。

メバチマグロの名前の由来は目が大きい事から付いた名前のようです。

写真のマグロも目が大きいような気がします。
マグロを1本で買う事が無いので、違いが解りません。


003.JPG




鮪(マグロ)
サバ科マグロ属


主人がユーチューブを見て捌きました。
まあまあと出来栄えだと思います。

刺身の色が白っぽいので↓ビンチョウマグロのような気がします。

010.JPG




新米を炊いて炊きたてのご飯と一緒に頂きました。
とても美味しかったです。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク





橙(ダイダイ)の花が9月に咲きました。 [庭の花]


スポンサーリンク




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


北のリビングから庭を眺めると、
橙(ダイダイ)の木に白い花が咲いているのを見つけました。↓

夏ミカンの花は春に沢山の花が咲きました。
橙の花も一緒位の春に咲いたと思います。



橙の花.JPG




昨日の記事に書いた芝桜(シバザクラ)と同じで、季節外れの開花ですね。


花の数は少ないですが、
この時期に花が咲いているのが珍しいので写真を撮ってきました。



橙(だいだい)の木です。この写真では花が見えませんね。

橙の木.JPG



橙の花です。蕾も付いています。
025.JPG



橙(ダイダイ)の実は落ちづらく、2~3年はそのまま枝に付いています。

古い実が落ちず、1本の木に古い実と新しい実が同時に付く事から↓、
「家が代々栄える」縁起の良い果実と言われています。


018.JPG



橙の果実はお正月のしめ飾りや鏡餅の上に乗せたりしていますね。
我が家も鏡餅の上に飾りました。本物の果実は風情があります。


橙の実で作ったマーマレードは苦みと酸味が絶妙で美味しかったです。
橙のマーマレードは3月から5月頃まで作りました。


2016年3月下旬撮影↓
035.JPG

橙(ダイダイ)
ミカン科の常緑樹
別名  ビターオレンジ
原産地  インド ヒマラヤ

私の子供の頃はクレヨンや色鉛筆の、
オレンジ色の事をダイダイ色と呼んでいました。
今でも私は橙色と呼んでいます。

橙がダイダイ色に色付いた頃、また記事にしたいと思います。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク








季節外れのシバザクラが1輪開花していました。 [庭の花]


スポンサーリンク




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

芝桜(シバザクラ)が開花する時期は4月から5月頃ですが、
今日、我が家のシバザクラが1輪開花しているのを見つけました。

この時期に咲いた芝桜(シバザクラ)に一瞬目を疑い驚きました。
蕾も付けています。↓


sibazakura.JPG



以前4月7日に庭に植えたシバザクラを記事にしましたが、
今日は季節外れに咲いたシバザクラを記事にします。


桜が冬に咲いたと言う話はよく聞きます。
また実際に見た事もあります。
暖冬で気温が暖かく、桜が季節を勘違いして花を咲かせた。-と言う事らしいです。

シバザクラが↓どうしてこの時期に咲いたのか解りません。

009.JPG



9月下旬とは言え、夏の残暑がまだ残っています。

それでも真夏と違い朝夕は気温が低く、日中は暑い。
そんな気温が関係しているのかも知れません。


植物の花が季節外れに咲く事を狂い咲きと言うそうです。


シバザクラ.JPG



春だけで無く9月もシバザクラが見えたので、
得をしたと思った方が良いですね。


私が知らなかっただけで、季節外れの芝桜の開花は、
桜と同じように、よく有ることなのかもしれません。




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク






ハナカタバミの可愛いピンクの花 [庭の花]


スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

庭のアジサイの株元にピンクの花が咲いているのを、
数日前に見つけました。


何の花が咲いているのかと見に行ったら、
大きなカタバミの花が咲いていました。


004.JPG



どうやらハナカタバミのようです。


前回(5月23日)、違う種類のカタバミを記事にしましたが、
今日はハナカタバミを記事にします。


普通のカタバミに比べ、花片喰(ハナカタバミ)は葉も花も大きく人目を引きます。
葉は三つ葉↓で、葉も可愛いです。

002.JPG



ハナカタバミ(花片喰)
カタバミ科カタバミ属  多年草
別名 オキザリス
原産地 南アフリカ・ケープ地方原産の帰化植物
花期 8月から11月

ハナカタバミの花の由来は、
花が大型で、そこから花の大きいカタバミと言う事でハナカタバミと名付けられたようです。


カタバミ (2).JPG




似たような花でイモカタバミとムラサキカタバミがあります。

違いはハナカタバミには
葉柄、花茎に毛が密生している事と、
花びらと花びらが重なっている事のようです。
それに花が大きい事。花径3㎝から5㎝

写真を見ると花の種類はハナカタバミで合ってますね。


カタバミ.JPG



濃いピンク色をしているので目立ち、とても可愛い花です。

以前、庭で白いハナカタバミを見た事があります。
珍しいのでしょうか。
白色のハナカタバミを見つけたら、又、記事にしたいと思います。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク






自生で生え出した藪蘭(ヤブラン) [庭の花]


スポンサーリンク




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

20日、台風16号が去った後は小雨や曇りの日が続いています。
よく台風一過の青空と言いますが、青空を見る事が出来ません。


庭は湿っぽく地面を覆うようにヤブランが増えていました。
湿っぽい場所を好むのでしょうか。
又は、この庭と相性が良いのか。そんなのも有るのかも知れません。


ヤブラン1.JPG


前回9月15日には花が咲いたヤブラン(藪蘭)↑を記事にしましたが、
今日は地面から生え出したヤブランを記事にします。

地味な花ですが葉が美しいので、たくさん増えてくれるのは嬉しいです。



東側の庭に生えている斑入り葉のヤブラン↓

022.JPG


北側の庭に生えているヤブラン↓ こちらも斑入り葉です。

やぶらん2.JPG



西側の庭に生えているヤブラン ↓ こちらは青葉です。
桜の木の下に生えていました。紫色の花も咲いていました。

yaburann.JPG




常緑多年草なので、1年中青葉が楽しめるのが良いです。
暑さ、寒さにも強く、日陰でも良く育つようです。

丈夫ですね。

ヤブラン
キジカクシ科 常緑多年草
原産地  日本 東アジア
別名 リリオペ サマームスカリ


増えてくれればグランドカバーになるかもしれません。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






クラブハリエのバームクーヘン [お菓子]


スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


クラブハリエのバームクーヘンをお土産に頂きました。

箱を持つとずっしりと重いです。
包装紙からしてオシャレで、美味しそうな予感がします。


004.JPG


私は知りませんでしたがクラブハリエは有名なメーカーだそうです。

包装紙↑と箱が↓同じ柄です。茶色を基調とした落ち着いた柄です。


クラブハリエ箱.JPG



箱を開けると立派なバームクーヘンが出てきました。

私が知らないだけかも知れませんが、
こんなに大きなバームクーヘンは見た事がありません。


くらぶはりえ1.JPG


バームクーヘンの側面は薄くお砂糖でコーティングされています。
ここも美味しそうで思わずニッコリとしてしまいました。




コーヒーと一緒に頂きました。
しっとりと柔らかくてとても美味しいです。

クラブハリエ2.JPG



クラブハリエのバームクーヘンはしっとりとしているので、
パサつき感が無く、食べやすいです。

程良い甘さも良いです。

バームクーヘンは自分の好きな大きさに切り分ける事が出来るので、
良いですね。


017.JPG



私の分は大きくカットして頂きました。
高さもあるのでボリュームがあり、見た目から満足出来ました。

ちなみに主人は小さくカットしました。

クラブハリエ4.JPG


箱の中に入っていた説明書を読むと、
食べ頃の温度は18℃から24℃で、保存は冷暗所が良いようです。

夏等25℃を超える時期は冷蔵庫の保管が良いようです。
これは25℃を超えると回りの砂糖衣が溶けてしまうから
なんだそうです。


クラブハリエ3.JPG



冷蔵庫から出して30分から1時間ほど室温に置くとしっとりと柔らかい状態で食べる事が出来るそうです。

最後、お値段を見てびっくりしました。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク






徳島阿波おどり空港 [日記]


スポンサーリンク




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


昨日は台風16号の影響で午前中の空の便は欠航していました。

午後には運航したようで日本航空の飛行機が徳島の空を飛んでいました。

徳島の空の玄関、阿波おどり空港に寄ってみました。


阿波踊り空港.JPG


阿波おどり空港は徳島空港の愛称です。


徳島阿波おどり空港.JPG




徳島らしく、阿波おどり空港とは、ぴったりの愛称ですね。

徳島駅から空港まで車やバスで約30分。駅からそんなに遠く無いのが良いですね。

空港ターミナルビル正面には阿波おどりの銅像が建てられています。


空港1.JPG



等身大の大きさで、なかなか迫力があります。

此処で記念写真を撮れば徳島の良い思い出になりますね。


空港3.jpg




日本航空の飛行機です↓。今から飛ぶのは東京(羽田)でしょうか。

阿波おどり空港に就航している路線は現在、東京(羽田)と福岡の2便。
以前は名古屋にも飛んでいましたが廃止になりましたね。なんだか寂しいです。

3階の展望ホール(無料)から飛行場を撮影しました。↓

飛行機.jpg



徳島飛行場は、
海上自衛隊徳島航空基地と民間航空機が共用する飛行場です。



駐車場の利用料金は1時間迄無料です。

レストランもあります。空港見物に行くのも良いかもしれません。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク