So-net無料ブログ作成

四国八十八ヶ所霊場 第二番札所「極楽寺」 [四国八十八ヶ所霊場]


スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先日、四国霊場の一番札所「霊前寺(りょうぜんじ)」を記事にしました。

霊前寺から車で約10分位の所に二番札所の極楽寺があります。

今日は二番札所の極楽寺(ごくらくじ)を記事にします。

極楽寺の山門(仁王門)


042.JPG


山門をくぐり境内に入ると、中は広く手入れの行きとどいた庭があります。

009.JPG




010.JPG




極楽寺の案内図

極楽寺案内図.JPG




階段を登ると正面が本堂、その右側が大師堂です。

014.JPG



本堂

本堂.JPG


本堂2.jpg




大師堂

大師堂.jpg




極楽寺は2番札所の他に安産、子授け祈願のお寺としても有名です。
安産大師   本堂と大師堂の間にあります。



安産大師.jpg



弘法大師お手植えと言われる杉の大木(長命杉)があります。

大師自らお手植えされたと言われる大杉。
1000余年の風雪に耐えた大杉は別名長命杉と呼ばれている。


長命杉.JPG



極楽寺  
住所  徳島県鳴門市大麻町桧段の上12
無料駐車場あり


山号  ・日照山(にっしょうざん)
院号  ・無量寿院(むりょうじゅいん)
本尊  ・阿弥陀如来
宗派  ・高野山真言宗



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






「栗柿」と言う名前の珍しい和菓子 [お菓子]

スポンサーリンク




-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「栗柿」という名前の珍しいお菓子を頂きました。

干し柿の中に栗きんとんが入っている、手の込んだお菓子です。

箱の中には「栗きんとん」と「栗柿」の2種類のお菓子が入っています。


栗柿.JPG



栗柿は小さいので、初め柿の形をした餡かなと思っていたのですが、

本物の干し柿がまるまる1個使われていました。



箱.JPG




干し柿は最高級の市田柿を使っているようです。

市田柿の中に栗きんとんが入っています。

何とも贅沢です。

テレビや雑誌とかで話題になっているお菓子だとか。
私は知りませんでしたが。


008.JPG



柿の中に栗が入っているなんて珍しいのではないでしょうか。


私は干し柿が大好きです。
干し柿と栗きんとんのハーモニー。思わぬ組み合わせに驚きました。

見るからに美味しそうでしょう。↓

栗のツブツブも結構大きいです。 干し柿も良い色をしています。



半分.JPG



栗きんとんは国産栗100%と砂糖だけで手作りし完全無添加との事。

美味しい訳です。


栗きんとんと栗柿のセットは岐阜県中津川市「くり屋 南陽軒」さんから。

箱を開ける.JPG


中津川は栗きんとんが名産のようです。


それで美味しい栗きんとんのお菓子が作られているのですね。


栗と柿だなんて、秋の高級な和菓子ですね。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






更なる秘境へ、奥祖谷二重かずら橋 [観光地]

スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先日、剣山(つるぎさん)山頂に登ったあと、

ここまで来たのなら奥祖谷(おくいや)の二重かずら橋に行こうと

車を走らせました。


かずら橋.jpg



剣山登山リフト、見ノ越駅無料駐車場から車で約15分位の所に
奥祖谷の二重かずら橋があります。



ちなみに剣山の記事は2016年10月25日と26日に書きました。

到着しました。料金所で入場券550円を払いました。

入場券.JPG



奥祖谷二重かずら橋の二重とは、
男橋(おばし)と女橋(めばし)の二つの橋の事を指しているようです。


男橋

男橋.jpg



男橋は長さ42m   幅2m  高さ 水面から10m
女橋の長さ20m  幅1.2m  高さ 水面から4m

二つの橋が並んで架かっています。

男橋から女橋を見る

見る女橋を.jpg


男橋は高さがあるので、そこそこ怖かったですが以前、祖谷のかずら橋で
一度渡った事があるので、慣れたのでしょうか。

凄い怖さはありませんでした。

その時の記事は2016年5月21日に書いています。


女橋


女橋.jpg



剣山を源とする祖谷川をまたぐ「かずら橋」

「かずら橋」には平家の落人伝説が出てきます。

源平合戦で敗れた
平家一族が雪辱を果たす為に馬場での訓練に通う為に架設したのだと。

平家の落人が源氏の追手を防ぐために、
いつでも切り落とせるように「しらくちかずら」で作ったと言われています。


004.JPG


女橋の隣に野猿(やえん)↓と言う乗り物があります。

2野猿.jpg


やえん.jpg



ロープを自分の手で繰って、向こう側迄移動できる乗り物。

人力のロープーウェーでしょうか。

面白いので乗って見る価値があります。





剣山(つるぎさん)から奥祖谷へと、秋の美しい景色を満喫できました。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク






マリーゴールドは元気に咲いています。 [庭の花]


スポンサーリンク




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


花壇にマリーゴールド、ダリア、ジニアを植えたのが今年の6月。

マリーゴールドは今も元気に咲いています。

ダリアは花も葉も虫食いだらけになりましたが、

マリーゴールドは虫にやられていません。


マリーゴールド.JPG



マリーゴールドは、こぼれ種から発芽したもので、
庭のあちこちに咲いていた小さい花でした。

花壇に↓、根を傷めない様にそっとスコップで移植しました。

大きな花を咲かせているマリーゴールドを見て、ハッとしました。


001.JPG


花はいつも見ていなくても、そこで咲いていてくれる。

昨日、カメラで写真を撮りました。


ジニアは色が褪せてきました。そろそろ終わりでしょうか。


003.JPG




こぼれ種から発芽した記事は2016年6月3日に書きました。

もう、そろそろ冬の花にチェンジしなければと思っていますが、
マリーゴールドが元気なので、しばらく様子を見ます。


オレンジや黄色の色から元気を貰えます。ビタミンカラーですね。


マリーゴールド2.JPG


マリーゴールドの名前について

マリーゴールドのマリーは聖母マリアのマリー。

聖母マリアの祭日にいつもマリーゴールドが咲いていたから
「聖母マリアの黄金の花」マリーゴールドと、
名前が付けられたと言われています。


何気にマリーゴールドと呼んでいますが、「聖母マリア」から来ていたのですね。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





イチジクのジャムを作ったよ。 [料理]

スポンサーリンク




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イチジクを今年は一生分 食べたような気がします。

何回かに分けて知人から頂いたイチジクも これで最後。

生で食べただけでなく、コンポートと甘露煮のデザートも作りました。


今日はイチジクのジャム↓作りを記事にします。

ジャム.JPG


イチゴのジャムはよく見ますが、
イチジクのジャムは珍しいのではないでしょうか。

コンポートと甘露煮は甘さ控えめで作ったつもりでしたが、
それでも甘かったです。

それでジャムは、もっと砂糖少なめで作りました。

イチジクのコンポートは2016年10月4日に、
イチジクの甘露煮は2016年10月14日に記事にしました。


イチジク.JPG





材料
イチジク  皮を剝いたもの。 約1100グラム
砂糖  約150g
スダチ  大さじ2 (レモンの替わりです。)


作り方

・イチジクは皮を剝く

529.JPG



・砂糖はイチジクに対しかなり少なめの150グラム。

 砂糖はイチジクの14%にしました。(1100g×0.14=154グラム)
 
普通はイチジクの30%位が砂糖の量だと思います。

・お鍋に入れたイチジクに砂糖をかけ、約30分置く。
 
 30分経つとイチジクから、たくさんの水分が出てきます。↓

砂糖とイチジク.JPG


・火にかけて、弱火にして40分煮ます。

・途中、スダチの果汁を入れる


40分煮て.JPG


・出来あがりです。

この砂糖の量でも結構甘いです。半分は冷凍しました。


パンに塗って食べました。↓美味しかったですよ。

パンに塗って.JPG



うちは早めに食べるので砂糖の量を少なくしましたが、
長く保存するのであれば砂糖の量は多めにした方が良いですね。

イチジクの香りがほんのりとして美味しかったです。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






パート2、秋の剣山(つるぎさん)山頂からの眺め [日記]


スポンサーリンク




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨日は徳島県の最高峰、剣山(つるぎさん)のリフトから山頂に登る迄を
記事にしました。

今日は山頂から見た眺めを記事にします。


パノラマ剣山.jpg


剣山からに眺め.jpg


剣山(つるぎさん)は高さ1955mあります。

四国で第2に高い山です。
ちなみに1番高い山は、愛媛県の石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)で標高1982mあります。

山頂から眺める景色は360度ひらけ、どの方向を見ても山々が連なり、素晴らしい景色を見る事が出来ます。

山頂からの眺め1.JPG


山頂は整備されており、遊歩道もあります。

山頂広い.jpg


雲が眼下に見えて、山の高さが解ります。

次郎笈(じろうぎゅう)↓と呼ばれる山です。標高1930m。

ジロウギュウ.JPG



剣山(つるぎさん)が標高1955mなので、25m剣山の方が高いです。
ちなみに剣山は別名を太郎笈(たろうぎゅう)と呼ぶようです。

タロウギュウとジロウギュウは兄弟の山のようです。

3ジロウギュウ.JPG


ジロウギュウ、美しい山です。稜線がとても綺麗です。

タロウギュウからジロウギュウに登山が出来ます。


景色を見ながらお茶も良いです。

DSCN6140 - コピー.JPG


エコトイレがありました。
協力金だったか、百円払いました。

エコトイレIMG_20161024_143713.jpg



この日は天気が良く青空が広がりました。霧も出ずラッキーでした。

登ってきた苦労も忘れ、山の空気と美しい景色を堪能しました。
下山の事を忘れていました。

この美しい景色ともお別れです。

パノラマ剣山.jpg



もう足がガクガクです。膝だけでなく足全体が悲鳴をあげています。

景色を見る余裕などありません。

なんとか西島駅までたどり着きました。
リフトで下ります。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク







秋の剣山(つるぎさん)に登る [日記]

スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先日、徳島県の最高峰、剣山(つるぎさん)に登ってきました。

剣山は標高1955メートルあり、四国で2番目に高い山です。

日本百名山の1つにも選ばれています。


DSCN6145.JPG


剣山登山リフトがあるので、割合登りやすい山だと聞いていました。

紅葉が楽しみです。どれ位色付いているのでしょうか。


リフト券.jpg


車でリフト乗り場迄行きました。駐車場無料。

リフト 大人往復搭乗券 1800円↑

リフトは標高1420mの「見の越駅」から「西島駅」標高1750m迄、15分。

長さ330mのリフトに乗って回りの景色を楽しみながら登る事が出来ます。


リフトに乗って.JPG



終着の西島駅から山頂迄は高さ205メートル。

これ位の高さであれば、体力の無い私でも何とか登れるのでは?と思っていました。


西島駅(1750m)からの景色。

西島駅からの眺め.JPG




西島駅リフトおりば。 いよいよ登山が始まります。

西嶋駅.JPG



西島駅から山頂迄登るルートは4ルートあるようです。
私は一番早く登れる40分のルートを選びました。青色の線の道です。


このルート(青色)は結構キツク登山途中、何度も登るのをあきらめようかと思いました。


地図.jpg




下の写真は鳥居をくぐって山頂迄行く紫色のルート。↑
山頂の建物が見えています。


西島駅から.jpg




一緒に行った主人は難なく登れましたので、↑あくまで私個人の感想です。


へたばっていると降りて来た人から「まだ10分の1も登ってないよ」と。


「刀掛の松」のあるルート(最短コース)で登りました。

刀掛の松.JPG



亀のようにゆっくり登って行くと山頂に近づいてきました。
下りてきた人から「もう少しだから頑張って!!」と励まされながら。


違うコースで登って来た人が言うのには、
違うコースの方が時間は掛かるけど、緩やかなので楽だと言っていました。
此処まで登れば山頂までもう少しです。

後少し.JPG


山頂に着きました。

剣山1955メートル.JPG



素晴らしい景色です。

山頂からの景色は次回(明日予定)アップします。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク





半田そうめんをアレンジして麻婆そうめんを作りました。 [料理]


スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


素麺がたくさん残っています。夏によく食べた素麺です。

夏が過ぎ涼しさを通り越し寒くなった今は、熱いうどんやラーメンが美味しいです。

冷たい素麺は食べなくなりました。

今日はマーボー豆腐と素麺を合わせた麻婆素麺を記事にします。


012.JPG



素麺は乾麺なので生と違い、何時までも持つと思いがちですが賞味期限があります。

素麺の袋を見ると賞味期限が迫っていました。


素麺は大好きですが、こう涼しくなると冷たい素麺は食べたくありません。
そこで茹でた素麺にマーボー豆腐をかけて食べる事にしました。


半田そうめん.JPG


素麺は徳島の素麺で半田そうめんと言います。
素麺は三輪素麺や小豆島素麺、揖保の糸などが有名ですが、
徳島の半田そうめんも有名です。

徳島県つるぎ町の半田地区の素麺です。
半田と言うのは町の名前です。


茹でた麺.JPG


半田そうめんは麺が他の素麺に比べると太いのが特徴です。

初めて半田そうめんを見た人は麺の太さに驚くと思います。
まるでウドンかと。

シコシコとした歯触りの美味しい素麺です。

さて、麻婆そうめんの作り方です。


・麻婆豆腐の素を使い、マーボー豆腐を作ります。


マーボー豆腐.JPG


・素麺をゆがき水洗いしてぬめりを取った素麺に熱いマーボー豆腐をかけます。


006.JPG


これだけです。作り方と言う程のものではありませんね。

素麺と麻婆豆腐は結構合いますよ。

013.JPG


麻婆豆腐も素麺も何でも合う優れものです。
麻婆ラーメンと言うのもありますね。

素麺はパスタ換わりにもなりますね。




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






ゼロ活力鍋であっという間に赤飯を炊きました。 [料理]


スポンサーリンク




---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

赤飯が急に食べたくなりました。

知人から頂いたもち米があります。冷蔵庫の中には小豆が入っています。
お米と小豆(あずき)さえあれば、ゼロ活力鍋ですぐに食べる事が出来ます。

スタートから出来あがりまで約1時間位でしょうか。


赤飯.JPG



普通は小豆を一晩お水に漬けてからお赤飯を炊きますが、
ゼロ活力鍋は、
一晩小豆を水に漬ける事無く、すぐに食べる事が出来ます。

ここが違いますね。

活力鍋と言うのは、アサヒ軽金属が出している圧力鍋の事です。


材料
もち米  3合
小豆 約半カップ

もち米は玄米を家庭用精米機で精米しました。

精米機.JPG




私は小豆がたくさん入っているのが好みなので半カップ入れました。↓
カップ3分の1程度で良いと思います。

あずき2.JPG


下ごしらえ
・小豆は綺麗に洗い水を切る。
・もち米は洗い30分ほど水に漬けたあと、水を切る。

作り方
・活力鍋に小豆と水300ccを入れ蓋をして高圧のオモリをセットする。

高圧のオモリはです。↓
活力鍋.JPG



・強火にしてオモリが激しく揺れたら弱火で2分煮て火を止める。
・下ごしらえしたもち米を上記の鍋に入れる。
・お水をもち米のヒタヒタになるように足して、よく混ぜる。


・白米低圧のオモリをセットして強火にしてオモリが激しく揺れたら、
 弱火にして1分煮て火を止める。

低圧のオモリは白色です。↓

025.JPG



・内圧表示ピンが下がったらオモリを傾けて蒸気を逃し蓋を開ける。

綺麗に出来ています。お鍋も焦げていません。↓

028.JPG


全体に軽くかき混ぜ、黒ゴマと塩をかけて出来あがり。

どうでしょうか。お米の浸水時間にも寄りますが、
思いついてから約1時間後に食卓にあがっています。

私は小豆が柔らかいのが好みなのでオモリが激しく揺れてから2分間弱火で煮ましたが、
アサヒ軽金属のレシピでは激しく揺れたら火を切るとなっています。


038.JPG



まあ、ここら辺は好みですね。
皮が割れてしまいましたが、家で食べるので良いと思います。

もち米は新米なので、もう少し水を減らしても良いと思いました。
赤飯は気持ち柔らかい出来あがりになりました。


黒ゴマと塩をかけて頂きました。美味しかったですよ。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






南天の実、ナンキンハゼの実 [日記]


スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月も後半になりました。

夏も終わり残暑もどこへ行ったのか、季節は巡り秋へ。

庭の木々や草花を見ると、花は終わり実が付きだしました。

ベランダに出ると南天の木が見えます。


南天の木.JPG



今日は南天(ナンテン)とナンキンハゼの実を記事にします。

南天の実が赤く色付いてきました。葉も少し紅葉しています。

南天は縁起の良い木です。難を転じて副となすと昔からよく言われています。


南天の実.JPG


南天の葉はお赤飯の上に乗せたり、南天の実はお正月のお飾りとして使われたりします。縁起木ですね。

お正月には実が真っ赤になっていると思います。

赤い色は魔除けになると言われています。



ナンキンハゼの木↓です。
気が付けばすっかり葉が落ち、実が付いていました。

ナンキンハゼの木.jpg


ナンキンハゼは花の咲いた様子を(2016年6月26日に)記事にしました。

今は緑色の実ですが、いずれ茶色になり殻が割れ中から白い実が見られます。


ナンキンハゼの実.JPG


白い実はリース(葉や花で作った装飾の輪)に使えるようですので、
白くなったら実を高枝切りバサミで取ろうと思います。


ナンキンハゼ2.JPG


ナンキンハゼは紅葉が美しいようですが、
赤い葉を見る事なく、葉が落ちてしまいました。


ヤブラン

ヤブラン.JPG



花は終わり緑色の実が付いています。
そのうち黒い実になると思います。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク