So-net無料ブログ作成
検索選択

四国霊場 第8番 熊谷寺のアジサイ [花巡り]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------

徳島県のアジサイの名所として
紹介されていた、
熊谷寺(くまだにじ)に行ってきました。


本堂と紫陽花↓

本堂とアジサイ.JPG


熊谷寺は四国霊場第八番札所の寺院です。

熊谷寺は四国霊場の中で最大級の仁王門を
構えているそうです。


アジサイ.JPG



境内の入り口から
沢山のアジサイが咲いていました。

参道.JPG


季節柄、今日は
熊谷寺の紫陽花の写真をメインに
記事を書きます。


中門(二天門)には、
持国天と多聞天が両脇に立っています。↓



中門とアジサイ (1).JPG



こちらにも二天門様が。↓
紫陽花の中に立っていらっしゃいます。


DSCN8593.JPG


紫陽花の花色は土壌の酸性度によって変わると
小学校の時に習いました。

酸性だと、花色は青色に。
アルカリ性だと、花色は赤色に。


DSCN8587.JPG



熊谷寺(くまだにじ)

住所  〒771-1506
徳島県阿波市土成町土成字前田185
電話番号  088-695-2065


DSCN8589.JPG


行ったのは昨日ですが、
熊谷寺は標高120メートルの所に
建っているので丁度
満開のアジサイを見る事が出来ました。






アジサイはお寺に合う花だと思います。


梅雨空にアジサイが映えていました。



------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





満開に咲いたムクゲの花 [庭の花]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------

梅雨空に清楚な白いムクゲの花が
映えています。

樹高150センチ位でしょうか。


DSCN8500.JPG


去年、高さ3メートル近くあったムクゲが
嵐で倒れてしまいました。

その隣で倒れるのを免れたムクゲです。


DSCN8498.JPG


大きく成長して欲しいです。


ムクゲの花は一日花です。

朝、咲いた花が夕方にはしぼんで
落ちてしまいます。



DSCN8499.JPG

でも、

蕾が次から次へと花を咲かせるので、
ずっと長い間、花を楽しむ事ができます。

開花期間は6月から10月頃までと
長いです。



DSCN8528 (2).JPG


ムクゲはアオイ科です。
アオイ科の花にはムクゲの他に、
フヨウ、ハイビスカス等があります。

どの花も似た雰囲気がありますね。
私はアオイ科の花が好きです。



----------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





レトルトカレーで夏野菜カレーを作りました。 [料理]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------
家庭菜園で作っている野菜。

お陰様で沢山の野菜が、
毎日採れています。

中でもトマトは毎日、
冷蔵庫に溜まっていきます。

DSCN8491.JPG

せっかく採れた美味しいトマトです。
無駄にせず、
美味しく頂きたいものです。

そこで
お昼ご飯にトマトとナスを使った、
夏野菜カレーを作りました。

DSCN8520.JPG


トマトは生で食べるより、煮込んだ方が
たくさん食べる事が出来ます。


レトルトカレーに、一手間加え、
夏野菜カレーを作りました。
レシピを残しておきます。


レトルトカレーを使った夏野菜カレーの作り方


DSCN8513.JPG

材料
レトルトカレー1袋
トマト    2個
ナス     1本


作り方

トマトはざく切りにして、
お鍋に入れ火にかけます。


DSCN8507.JPG


トマトの水分だけで煮込んでいきます。

次にナスを入れ、ナスが柔らかくなったら



DSCN8508.JPG



そこにレトルトカレーを1袋入れます。


DSCN8513.JPG


温まったら出来上がりです。

トマトは形が残っていません。

辛口のカレーなのですが、
野菜の甘さが加わる事により、
中辛位の辛さになりました。



DSCN8516.JPG


レトルトカレーは1袋使用しました。

野菜がプラスされますので、
二人分のカレーが出来ました。



DSCN8520.JPG


簡単でワンランク上の夏野菜カレーです。
トマトとナスの組み合わせは合います。

美味しかったですよ。


------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






咲き始めたアガパンサスの花 [庭の花]

スポンサーリンク



-----------------------------------------------------------------------------------------------

南側の和室から庭を眺めると、
梅雨の花、
アガパンサスの花が見えます。


今日27日のアガパンサスです。

DSCN8497.JPG


アジサイと共にアガパンサスは
梅雨の花でしょうか。

ついこの間まで花芽や蕾だったのが
数日で花が咲き始めました。


DSCN8494.JPG


6月20に撮った写真で、
花芽や蕾などが見られます。↓

アガパンサスの花芽から、
開花までの様子が
解ると思いますので記事にします。


DSCN8406.JPG



6月20日
花芽がたくさん付いています。

黒丸で囲んだ所が花芽です。
黒丸以外にもたくさん花芽が付いています。


DSCN8404.JPG



花芽の袋?が開いてきました。
蕾が見えています。↓

DSCN8407.JPG


花芽の袋?が外れそう。↓

DSCN8402.JPG



ツボミがいっぱいです。

DSCN8401.JPG


6月27日

開花しました。

1つの花がたくさん集まって1本の茎に
咲いています。

DSCN8494.JPG

薄紫色の花が涼しげです。


蕾がまだ沢山付いています。
しばらくの間、楽しめそうです。


--------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





家庭菜園の間引いたトウモロコシ [家庭菜園]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------------------

家庭菜園で種から育てたトウモロコシも、
だいぶ成長してきました。

今年は50株、植えました。


IMG_20170621_134718 (006).jpg


今日はトウモロコシの間引きをしました。

普通のトウモロコシの実が大きくなる前に
間引いたものをヤングコーンとか、
ベビーコーンと呼んでいます。


IMG_20170621_134718.jpg


トウモロコシは1株に2~3個、
雌花が付いて実になります。

写真の白丸で囲った所にベビーコーンが↑
付いています。

一番花だけ残し二番花を摘果しました。


IMG_20170626_073043 (002).jpg



何故、間引くかというと、
1株に1本だけ残して、
大きな実と甘さを集中的に、
付けさせる為です。


IMG_20170626_073142.jpg


摘果した(間引いたトウモロコシ)を茹でて、
朝食の時に食べました。


IMG_20170626_073335.jpg


採り立ての新鮮ヤングコーンです。
塩茹でしマヨネーズを少し付けて
食べました。


DSCN8485.JPG



とても美味しかったです。

炒めて食べて良し、スープに入れて
食べて良しです。


-------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





シベリア朝顔の観察 [アサガオの観察]

スポンサーリンク



------------------------------------------------------------------------------------------

珍しいアサガオの種を頂きました。

シベリア朝顔と言います。
調べていくと、そこには物語があるようです。


DSCN8475.JPG



シベリア朝顔、
どんな花を見せてくれるのでしょうか。

アサガオの観察をしていこうと思います。

6月14日

シベリア朝顔の種です。

DSCN8471.JPG



朝顔の種25個に爪やすりでキズを付ける。
緑の丸で囲んだ種↓
こうすると発芽しやすいとの事。


DSCN8481.JPG


育苗用トレーに土を入れる。
種を植える深さは1cm、
種を25個植えました。




6月20日
双葉が出てきました。
よく見ると双葉に穴が開いています。
爪やすりでこすり過ぎですね。
加減が解りません。



DSCN8398.JPG


6月23日
育苗用トレーから、
苗を地植えと鉢3つに植え替えました。


6月25日

地植えの様子
アサガオの苗を5つ植えました。
後ろは槙の木です。
朝顔のツルをマキの木に絡ませたいです。


DSCN8474.JPG

鉢3つ

DSCN8477.JPG


DSCN8478.JPG



DSCN8479.JPG



中には本葉が出ている苗が見られます。

DSCN8478.JPG

本葉が普通のアサガオと葉の形が違います。
これがシベリア朝顔の特徴のようです。



--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






うり坊スイカ [食べ物]

スポンサーリンク



------------------------------------------------------------------------------------------------

うり坊という名前の、
長崎県産スイカを、
知人から頂きました。

うり坊は長楕円形の小玉スイカです。


DSCN8173.JPG


うり坊と言うと、イノシシの子供の
の事を指しますね。

それで、まず連想するのは、
イノシシの子供です。


スイカのうり坊の名前の由来は
イノシシの子供(うり坊)の姿に
似ているから付けられた言われています。


DSCN8170 - コピー.JPG




スイカのうり坊は、
確かに形が小さくて細長く、縞模様が、
イノシシのうり坊に似ています。


こうして見ると↓イノシシの子供(うり坊)に、
似ているでしょうか。

DSCN8170.JPG


特徴は皮が薄くとても甘いです。

この暑く蒸し蒸しとした梅雨に、
スイカを
食べるのは最高のご馳走です。


DSCN8382.JPG

小玉スイカなので大きくは
ありませんが、
夫婦二人で食べるには充分な大きさです。

冷蔵庫の中に丸ごと入るのも良いです。



------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






美味しいトウモロコシの茹で方 [料理]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------------------------

知人から採れたてのトウモロコシを頂きました。

さっそく茹でて食べる事にしました。
トウモロコシは大好きです。


DSCN8447.JPG


お馴染みのクックパッドで、
トウモロコシの
簡単で美味しい茹で方を探しました。


このレシピ
何といっても時間がかからないのが
魅力です。


DSCN8449.JPG


備忘録としてレシピを残しておきます。


トウモロコシの茹で方

材料
トウモロコシ 3本
塩      小さじ3分の1
水      30ml



DSCN8451.JPG


作り方

1・鍋に皮を剥き、
綺麗に洗ったトウモロコシを入れる。
(このお鍋には3本しか入らないので
この本数で茹でます。)

2・そこに水を300mlと
  塩小さじ3分の1を入れる。

3・鍋にフタをして火を付ける。
  強火で3分。


DSCN8452.JPG


4・トウモロコシを裏返して1分で出来上がり、



鍋の水を切り、フタを開けると美味しそうな
トウモロコシが見えます。


DSCN8454.JPG



水の量が少ないので、
本当に茹で上がるのかと心配でしたが、
大丈夫でした。


採り立てという事もあるのでしょうが、
食べてビックリです。
甘くてとても美味しいトウモロコシでした。


DSCN8455.JPG


鍋に入れている時間は4分です。
本当に早いです。


皮を剥いて、茹でて、お皿に盛るまで、
10分弱です。


-----------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





お土産 おか泉(おかせん)の讃岐うどん [食べ物]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------

香川県にうどん巡りに行った主人が
お土産に買ってきた、
おか泉(おかせん)の讃岐うどんです。


セルフが多い「うどん県」の中で、
おか泉はフルサービスのお店です。


DSCN8434.JPG


他店と比べお値段が高めですが、
豪華で美味しいうどんが
食べられるお店です。

今回、私は行きませんでしたが、
以前行って食べた事があります。


DSCN8433.JPG

その時は、袋のパーケージに描かれている↑
エビ天ぶっかけうどんを
食べました。


お土産ですが、
1袋に半生うどんが2パック入っていました。



DSCN8435.JPG


1パックで2人前あります。
と言うことは、1袋4人前です。

醤油と麺つゆとすだちステイックも
付いていました。

茹でてぶっかけうどんにして
食べました。


DSCN8439.JPG

袋のパッケージのようなエビ天は
乗っていませんが、

家庭菜園のカボチャとピーマンと、
チクワの天ぷらを乗せました。


これに添付されていた麺つゆを
水で割ってかけます。

うどんにコシがあり、とても美味しかったです。

おか泉は有名店で、とても人気のあるお店です。



----------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






家庭菜園のカボチャで煮物を作りました。 [家庭菜園]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------

家庭菜園のカボチャも大きく育っています。

大きさだけ見ると収穫しても
良いような気がしますが、


いざ、収穫するとなると、
本当に収穫しても良いものかどうか迷います。


IMG_20170619_092907.jpg



カボチャの収穫のタイミングですが、
よく解りません。

そこで調べてみると、
カボチャの「へた」がコルク化した時が
収穫のタイミングとか。



DSCN8428.JPG


「へた」とはカボチャの実を、
つないでいる部分の事です(赤丸で囲んだ所↑)

もう少し置いておきます。



上の写真のカボチャとは違いますが、
収穫したカボチャで煮物を作ってみました。


DSCN8413.JPG




カボチャの煮つけ

材料

カボチャ4分の1
お水  200ml
砂糖  大さじ 1.5
醤油  大さじ 1.5
ミリン 大さじ 1.5
酒   大さじ 1.5


DSCN8415.JPG

作り方

1・鍋に水と上記の調味料を全部入れ
  沸騰させる。
2・1にカボチャを入れ、アルミ箔で
  落し蓋をする。
3・煮汁の量を見ながら煮詰めて出来上がり。


DSCN8416.JPG


ホクホクした南瓜で、
とても美味しかったです。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク