So-net無料ブログ作成
検索選択
旅の思い出 ブログトップ

鳴門の渦潮 [旅の思い出]

鳴門の渦潮2.jpg


5月のある日、鳴門の渦潮(うずしお)を見てきました。

5月の大潮の日は大きい渦が見える確率が高いとの事です。大潮(おおしお)の日を選んで行ってきました。

大小さまざまな渦を見る事ができました。渦の近くに寄ると、船体が引っ張られるようで迫力満点でした。

秋にも大潮の時期に大きな渦が見られるとの事です。大きな渦潮を見るには春と秋が良いようです。

一番上の写真は「にっぽん丸」と渦潮が写っています↑


1鳴門の渦潮.jpg


私は鳴門側から観潮船に乗って渦潮を見てきました。上の写真に写っているのは大鳴門橋です。

運行会社(観潮船)は鳴門側から2社あり、1社は「うずしお汽船」もう1社は「鳴門観光汽船」です。

「うずしお汽船」は渦が巻いている最も近く迄行く観潮船との事で、私はここに決めました。

鳴門観光汽船には「大型観潮船わんだーなると」と、水中から渦潮を見る事が出来る「水中観潮船アクアエ

ディ」のふたつの観潮船があります。水中から見る渦潮も心引かれるものがありましたが、次の機会にして、今

回は「うずしお汽船」に乗りました。

他にも淡路島から出ている「うずしおクルーズ」という観潮船もあります。
下の写真は↓うずしおクルーズの「にっぽん丸」4本マストの帆船型の船が、青い海に映えてかっこいい。

日本丸.JPG


鳴門の渦潮とは(ウィキペディアより)

徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市の間にある鳴門海峡で発生する渦潮である。大潮の際には渦の直径は最

大で30mに達するといわれ渦の大きさは世界でも最大規模といわれる。

瀬戸内海と太平洋の水位差がこの写真で解ると思います。
段差が解ります。

019.jpg



渦潮が出来るメカニズム(ウィキペディアより)
鳴門海峡は、本州と四国の間にある瀬戸内海と太平洋とを結ぶ海峡の一つで、幅が約1.3km。潮汐により1日

に2回、大量の海水が瀬戸内海に流れ込み、また同様に1日に2回瀬戸内海から流れ出す。瀬戸内海と太平洋

の水位差は最高で1.5mにも及ぶ。海峡の幅が狭いことに加え、海底の複雑な地形も影響し、潮流は13 -

15km/hの速度で流れる。大潮の時には20km/hに達することもある。この潮流の速度は日本で一番速く、「世

界三大潮流」にも数えられることもある。この早い潮流と、海峡両岸に近い穏やかな流れの境目において、渦が発生する


uzusio3 - コピー.jpg


うずしお汽船
・料金 大人¥1550円
・乗船時代はだいたい20分位




美しい海と渦潮と大鳴門橋、絵になる美しさです。 
時間によっては渦を見られない時間帯もあるので、船会社の潮見表を参考にして行った方が良いです。


==========================================================================



スポンサーリンク





=======================================================================


長瀞ライン下り [旅の思い出]

004.JPG


昨日は 四国徳島の祖谷のかずら橋(いやのかずらばし)をアップし、祖谷川(いやがわ)にかかる蔓橋は、スリル満点との記事を書きました。

今日は川つながりで荒川を下る埼玉県・長瀞(ながとろ)のライン下りをアップします。

023.JPG


長瀞観光(ながとろ)の目玉と言えばライン下りと言われる位の観光スポットです。

美しい景色や奇岩を見ながらの川下りは穏やかな流れあり、巨岩の迫る急流あり、変化に富んだライン下りです。

024.JPG


また船頭さんのトークが面白過ぎて川下りは、あっというまに終わります。「もっと乗っていたかったなぁ。」と思わせる話術はたいしたものです。

ライン下りは秋の紅葉時も美しい景色が楽しめそうです。今は四国に住んでいるので、いつでも行けるという訳にはいきませんが、また機会があれば行ってみたいです。

私が行ったのは2010年ですが、船頭さんの楽しいトークのお蔭で いつまでも旅の良い思い出として残っています。

015.JPG


長瀞駅から乗船場に向かう道沿いには、昔ながらのお土産屋さんや食事処が軒を連ねていて、ぶらぶら歩くのも楽しいです。

全長約6キロメートルに及ぶ長瀞渓谷は、国指定の名勝・天然記念物に指定されています。


その中でも秩父鉄道の「長瀞駅」から徒歩5分ほどのところにある「岩 畳」の景色は絶景でたくさんの岩が重なっているような変わった形をしています。

長瀞.JPG


これは三波川変成帯と呼ばれる変成岩帯が地表に露出している所で学術的にも凄い所のようです。

長瀞(ながとろ)は、埼玉県秩父郡の北東部(皆野町~長瀞町)、荒川の中流に位置する景勝地です。

長瀞の「瀞」という字は静かな流れを表わし、その字の通り、このあたりの川面は非常になめらかで水流もおだやかとの事です。

009.JPG


料金は3通りあります。私はBコースで乗船しました。
Bコースは「岩畳」から乗船し「高砂橋」までのコースを選びました。

・料金:Aコース(約3キロ/約20分)大人 (中学生以上)1,600円小人 (3歳以上)800円
    ・Bコース(約3キロ/約20分)大人 (中学生以上)1,600円小人 (3歳以上)800円
   ・全コース(約6キロ/約40分)大人 (中学生以上)3,000円小人 (3歳以上)1,400円

団体で行くと料金が安くなるようです。

上の料金表は2016年のものですが、営業時間や料金など変更になっている場合があるので、出かける時は

公式サイトで調べてから行くのが良いですね。割引券とかあるかもしれません。


長瀞駅にある『岩畳』から乗船し『高砂橋』へ下ります。帰りは高砂橋から無料の送迎バスに乗って長瀞駅まで帰ってきます。

長瀞駅2.JPG


私は長瀞駅まで電車で来たので、乗り終わった後、長瀞駅まで無料で送って貰えたのは嬉しかったです。
このようなサービスがあるのは有り難いです。

電車での行き方 
池袋から東武東上線で寄居まで約80分、秩父鉄道に乗換えて長瀞まで約20分
他にも高崎線や西武池袋線など利用して行けます。

私は東武東上線に乗り、寄居で秩父鉄道に乗り換えて長瀞駅まで行きました。赤い屋根とポストが可愛い↓

長瀞駅.JPG



ライン下りの後、時間があったので長瀞駅から歩いて10分位にある 花の里「ハナビシソウ園」でハナビシソウを見てきました。
協力金 環境整備協力金として200円。入園料みたいなものですね。

052.JPG


050.JPG


長瀞ライン下り
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞



==========================================================================

スポンサーリンク





========================================================================

秘境 祖谷のかずら橋 [旅の思い出]

橋いやのかずら.jpg


昨日は2013年GW中に行った伊豆・伊東の城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)を記事にしました。

城ヶ崎海岸にはサスペンスドラマに出てくる門脇吊り橋(かどわきつりばし)があり、ここも有名な観光スポットになっている事を書きました。



今日は吊り橋つながりで 四国徳島の祖谷のかずら橋(いやのかずらばし)を記事にします。

四国に住んだからには一度は行きたい場所でした。

CATAL3BP.jpg



先に感想を書きます。

祖谷のかずら橋を渡るのは怖いですよ。スリル満点です。

今まで渡った吊り橋の中で一番怖かったです。歩く際、板と板との間が空きすぎです。

CA8AW2SP.jpg


吊り橋のスタートから尻ごみしました。渡るより仕方無いと覚悟を決め、進みましたが、落ちないかと怖い事。

手すりにしがみつきながら一歩一歩進みました。長さ45メートルの吊り橋が何倍もの長さに思えました。

怖かったけど橋を渡る価値が有ります。原始的な橋で重要有形民俗文化財になっているのも うなずけます。

いやの蔓橋.jpg


祖谷(いや)の蔓橋について

吉野川の上流、祖谷川は四国の霊峰剣山(つるぎさん)に源を発する清流で、渓谷は極めて深い。

祖谷川両岸の往来は困難を極めて、住民が工夫努力の末作りだしたのが、この「しらくち蔓」で作った蔓橋である。

祖谷のかずら橋(いやのかずらばし)は、秘境祖谷のかずら橋と言われる位、山奥にあります。

今でこそ交通が整備され、車で難なく行けますが当時は此処に行くのにはどんなに大変だったかと思います。高く険しい山が連なっています。

平家の落人伝説がある西祖谷(にしいや)は「かずら橋」と結びついていきます。

 祖谷川とかずら橋の美しい景色↓

川.jpg


祖谷のかずら橋を自分なりに、まとめてみました。

・日本三奇橋の一つで重要有形民俗文化財である。重要有形民俗文化財

・吊り橋はシラクチカズラ(重さ約5トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。

・現在では、安全面のため、ワイヤーなども使用されて補強されている。
 また3年毎に架替えが行われる。これも安全の為ですね。

・昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった。

・約800年前に源平の戦いに敗れた平家一族が、生き延びるため、この祖谷の山奥に逃げ込んだのではないかと伝えられています。

・平家の落人たちが追手から逃げる時すぐ切り落とせるようにカズラを使ったと言われている。

・敷綱でつながれた横木と横木の間は10セ ンチ。14メートル下の川が見えて怖い。
かずら橋を渡るのには通行料がかかります。大人:550円 小人:350円

・橋は一方通行です。少々高い気もしますが、スリル満点なので、お金を払う価値はあると思います。そしてこの通行量は掛け替えの際の資金になるようなので、貢献しても良いと思います。

橋.jpg


すぐ近くには平家の落人たちが琵琶を奏でてお互いを慰めあっていたと言われる『琵琶の滝』があります。かずら橋の少し上流側にある、高さ50mの美しい滝です。

びわの滝.JPG


琵琶の滝の隣のお店で昼食を食べました。祖谷はおそばも有名です。せっかく来たので祖谷そばが付いた定食を頼みました。素朴な味のおそばでした。

いやそば.jpg



住所 徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2




=========================================================================

スポンサーリンク




=======================================================================


伊豆・城ヶ崎海岸 [旅の思い出]

029.JPG


前回、伊豆の小室山公園(こむろやまこうえん)で見たツツジをアップしました。
今日は小室山公園の後に行った伊東の城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)を記事にします。

行ったのは今から3年前の2013年のGWです。
伊豆に行ったのであれば一度は訪れたい観光名所です。


伊豆は景色が良いだけでなく魚が美味しいので何度も行きたい場所です。温暖なのも良いですね。

023.JPG


城ヶ崎海岸は、大室山が約4,000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出し、海の侵食作用で削られてできた、約9kmにわたる雄大な溶岩岩石海岸です。

海岸は溶岩流と海の侵食作用でできた小さな岬と入り江が連続し、その多くは荒々しい断崖絶壁となっている。

その景色たるや断崖絶壁のゴツゴツとした黒い溶岩は凄い迫力があります。大室山の噴火の凄まじさを4000年経った今も感じる事ができます。

自然の脅威にひれ伏すばかりです。

大室山は丸い形をした綺麗な山なので、噴火とはなかなか結びつきませんが。

028.JPG


城ヶ崎海岸には門脇吊り橋(かどわきつりばし)があり、ここも有名な観光スポットになっています。

昔、よくサスペンスドラマに出てきた吊り橋で有名です。


030.JPG


門脇吊橋 は長さ48m、高さ23mの吊橋、定員100名(小錦関26名分?)

断崖絶壁の断崖と断崖をつなぐ吊り橋。よくこんな所に橋を作ったものだと感心します。

渡る時は、揺れるのでドキドキして怖かったです。少し離れた所から撮影しました。高所に吊り橋が作られているのが解ります。

門脇崎灯台.JPG


ここには灯台があり(門脇崎灯台)、展望台と兼ねており入場は無料です。

らせん状の階段を上がり、展望台から眺める景色は青い海と空が広がりとても美しいです。行き交う船や伊豆大島が見えます。伊豆七島も天気が良ければ見えるそうです。

城ヶ崎海岸や門脇吊り橋が有名なので、門脇崎灯台は見落としがちですが、無料なので是非登ってみて下さい。

下の写真に写っている船は観光船でしょうか。船から海岸を見ると、圧倒的な素晴らしい景色がみられるのではないかなと思いました。一度乗ってみたいです。
032.JPG




駐車場は城ヶ崎海岸の吊り橋近くに駐車場があるので そこへ停めました。近いと言っても10分以上歩いたような気がします。有料でした。いくら払ったか忘れました。

伊豆と言えば美味しい魚です。お刺身と金目鯛の定食を注文しました。新鮮なので とても美味しいです。

018.JPG錦芽鯛.JPG











干物も美味しく伊東の干物は有名です。日持ちするのでお土産に買うのも良いです。

城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)とは、静岡県伊東市の南西に位置する海岸で、富士箱根伊豆国立公園の指定を受けている。

住所: 〒413-0231 静岡県伊東市城ケ崎





=======================================================================


スポンサーリンク





=========================================================================

伊豆 小室山公園のツツジ [旅の思い出]


つつじのとんねる.JPG


家の庭にツツジの花が咲いています。ツツジは今見頃です。外に出ても、赤や白のツツジが目を楽しませてく

れます。ツツジを見て思い出すのは、伊豆・伊東の小室山公園(こむろやまこうえん)のツツジです。

小室山公園のツツジは背が高く、初めてみた時は想像以上の大きさに驚きました。

知人から「小室山のツツジは大きいよ。人の身長ぐらいの高さはあるよ」と聞いていたのですが、それ以上の高さがあり、大きいのは3メートル位あり、目を見張りました。

つつじ1.JPG

写真一番上2006年撮影  ↑2013年撮影

今日は伊豆・伊東の小室山公園(こむろやまこうえん)のツツジをアップします。

中部地方に住んでいた頃、小室山公園のツツジに引かれ、5月になると、何度か訪れました。
ツツジは、街路樹として植えられ、長く咲いているので、馴染みのある花だと思います。

赤い色は明るく、町を華やかに彩ってくれます。春になり街路樹のツツジが咲くと、寒さから解放され暖かくなるのだなぁと気持ちが和らいできます。

きっと好きな花だから、大きなツツジが見られる小室山公園に行きたくなるのかなと思います。

小室山公園のつつじは背が高く大きく、花もいっぱい付いており、とても見応えがあります。

小室山公園から小室山を望む↓ 山頂迄リフトで上がれます 2013年撮影

つつじアップ.JPG


051.JPG




小室山公園
標高321mの小室山を中心とした自然公園です。
麓から山頂までの観光リフトで着いた山頂は美しい草原となっており、パノラマ展望台などから富士山や相模湾に浮かぶ伊豆七島や天城連山など、360度の景観を楽しむ事ができます。

4月下旬~5月上旬にかけ40種10万本のつつじが、また12月~4月にかけ、4,000本のつばきが咲き乱れます。小室山山頂までは山麗からリフトで3分。

リフトに乗り山頂へ 山頂からの眺めを写真でアップします ↓

富士山が写真中央辺りに薄っすらと見えています。2006年撮影
富士山が.JPG



写真中央左よりにお椀を伏せたような綺麗な形をした山は大室山。2006年撮影
大室山を.JPG



目の前に初島が見えています。2006年撮影

小室山山頂より初島を望む.JPG


見渡す限りのツツジ  まるでツツジの大海原のようです。

見渡す限りのつつじ.JPG



小室山のツツジはもう見頃を過ぎているでしょうか。

アップした写真は平成23年と平成18年のものです。写真に写っている8年前の私はまだ若く、あっというまの8年間だったなぁと思います。

今住んでいる四国から遠くなりましたが、またいつか行ってみたいと思います。

小室山リフト 往復470円  駐車場は私の行ったGW中は有料でした。GW以外は無料だったと思います。

小室山公園
住所: 〒414-0044 静岡県伊東市川奈
電話番号: 0557376105





==========================================================================


スポンサーリンク





=======================================================================

藤の花 あしかがフラワーパーク [旅の思い出]

今の季節、藤の花が綺麗に咲いています。

今日は2014年に行った あしかがフラーワーパークで見た藤の花をアップします。

あしかがフラワーパークの藤は関東では有名で、広さ92,000㎡の園内に350本以上の藤を有する

日本最大規模の藤園です。藤園に入ると藤の花の甘い香りが漂っています。

樹齢150年におよぶ必見の栃木県指定天然記念物の大藤棚は圧巻でした。

私が行った時 きばな藤が咲き始めの頃でした。黄色い藤の花は見たことが無かったので満開ではなかったにしろ、見る事が出来て良かったと思いました。
                                  
大藤棚

フジ.jpg


大藤棚を角度を変えて撮影
                      
大藤棚.jpg
                   
大藤棚の説明

154.JPG


この写真が大藤の大きさが一番解りやすいと思います。1本の幹から左右横に藤が広がっているのが解ります。
163.JPG



藤2.JPG


きばな藤のトンネル  まだ咲き始め  黄色い花が少しだけ見えました。

藤きばな.jpg



むらさき藤棚

むらさき藤棚.JPG


長さ80mの白藤のトンネル

フジ白い.jpg


紫色の雨が空から降っているような幻想的な光景です。

入園料は花の咲き具合によって値段が変わってくるそうです。私が行った時は、大人¥1200円でした。

場所    栃木県足利市迫間町607
電話番号 0284-91-4939




東北自動車道より
・佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
北関東自動車道より
・太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
・足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
・佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

========================================================================



スポンサーリンク





=========================================================================

草津温泉 湯畑 [旅の思い出]

ヤフーニュースを見ていると「みんなで選ぶ第8回温泉大賞」で
草津温泉が8年連続で最高位の「東の横綱」に選ばれたと書かれていました。
「西の横綱」は 別府温泉です。

また、「にっぽんの温泉100選」でも草津温泉が13年連続1位。こちらは全国の旅行業者らが選ぶ温泉地ランキングなので、プロが選んだということですね。

草津温泉(くさつおんせん)は、群馬県吾妻郡草津町にある温泉です。

名湯「草津温泉」は歌にもあるように一度は訪れたい温泉で、私は2012年に行ってきました。初めて湯畑を見た時は驚きました。テレビで見たことがあるものの、やはり見慣れない景色です。
草津のシンボル湯畑は温泉街の中心部に湧く源泉です。
草津温泉.JPG


日本三名泉の1つである草津温泉。
自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています。
その泉質は日本有数の酸性度で、pH値は2.1(湯畑源泉)。雑菌などの殺菌作用は抜群。
日本三名泉とは下呂温泉・有馬温泉・草津温泉

お湯の成分が書かれていても難しくて解りません。草津温泉の特徴は酸性・硫黄・高温泉。


木の枠に囲まれた所から沸々と源泉が湧き出ています。
源泉.JPG


7本の樋の底には湯の花が溜まります。それで湯畑というのですね。
湯畑の温度はかなり熱く、そのため湯畑には、源泉を7本の湯桶に分け自然に温度を冷ましています。
この樋は湯の花を取るためと、各温泉施設に源泉のお湯を冷まして送るためですね。他にも理由があるかもしれませんが。
湯の花.JPG


滝のように落ちるお湯。湯量が多いのが解ります。
028.JPG



7本の湯桶は、ここで1つになって、草津温泉の各温泉宿へと運ばれます。
027.JPG


レトロなお店が湯畑とマッチしていると思います。
アップ.JPG


湯もみショーが行われる熱の湯で「湯もみ」の体験ができます。私も体験しました。
湯もみと踊り.JPG


草津のお湯は非常に高温なので、古くから木の板を使って湯をかきまぜていました。
これがいわゆる「湯もみ」です。

湯もみの様子.JPG



白旗(しろはた)の湯 源頼朝が発見したと言われる温泉
共同浴場のひとつ。無料の共同浴場。私も入ってきました。熱いのなんのって。浸かることが出来ませんでした。
050.JPG


草津温泉のお湯は皮膚病に効くようです。しばらく湯治すれば水虫なども治りそうですね。


========================================================================



スポンサーリンク







========================================================================

越生梅林(おごせばいりん) [旅の思い出]

昨日は偕楽園の梅まつりに行った時の記事を書きましたが関東には偕楽園の他にも有名な梅林があります。越生梅林(おごせばいりん)と言って、埼玉県入間郡越生町越辺川沿いに広がる約2ヘクタールの梅林です。

約2ヘクタールの敷地に約1,000本の梅の木が植えられています。
越生梅林は水戸偕楽園、熱海梅園と共に「関東三大梅林」の1つとされています。

今年3月初めテレビの「出没! アド街ック天国」で越生の梅林が出ていました。
私が行ったのは2010年ですが、テレビを見て懐かしく思いました。

越生は山間の小さな町といった印象で日本の原風景のような感じでした。
東京から電車で約1時間半。越生は埼玉県の中央に位置します。

樹齢650年以上の古木もありその生命力には驚きます。梅まつりの期間中はミニSLも走っていました。
越生梅林トップ.JPG


越生梅林 (2).JPG


越生梅林3.JPG


毎年2月下旬~3月下旬開催の「梅まつり」では園内253mをミニSLが走る(1周/税込200円)。
ミニSLは大人も子供も楽しめますね。
越生梅林.JPG


越生梅林2.JPG


樹齢650年以上の古木「魁雪」は越生梅林で最も古い梅の木。南北朝時代の1350年に大宰府から分祀した際に植えられたと言われている。梅の花がちゃんと咲いています。

梅の古木.JPG


寛ぐ人.JPG


都会の喧騒から離れ自然の中で梅に囲まれ
シートを広げ お弁当を食べたり寛いだりしてもよし。みんなが思い思いに楽しめる場所だと思いました。


=========================================================================


スポンサーリンク







=========================================================================

水戸の偕楽園 梅まつり [旅の思い出]

昨日、10年日記を付けていたら 一昨年 茨城県水戸市の偕楽園に梅を見に行った事が書かれていました。
3月22日に行っています。梅はもっと早いかと思っていましたが。梅まつり最終日に行ったようです。

偕楽園は、金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられています。

梅の名所として有名ですね。関東に住んでいる間に一度は行ってみたいと思っていた場所です。

偕楽園は天保13年(1842年)7月、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公により造られました。
領民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと、この巨大な大名庭園は斉昭自らにより「偕楽園」と名づけられた。

偕楽園には約100品種3000本もの梅が植えられており、様々な 品種があるため「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができ ます。

梅まつりの時期に電車に乗って行ってきました。

電車の名前はその名も、快速「水戸梅まつり号」大宮駅から偕楽園駅まで一本で行け乗り換えなしなのでとても便利でした。偕楽園駅は梅まつりの時期だけに停まる臨時駅です。全席指定

梅まつり号2.jpg


梅まつり号.JPG



梅1.JPG



梅2.JPG


水戸と言えば黄門様ですね。梅まつりの日は黄門様ご一行も。
後ろに映っている建物は偕楽園の中心となっている好文亭(こうぶんてい)
黄門様ご一行.jpg




好文亭は徳川斉昭自らが設計したもので、木造2層3階建ての好文亭本体と北につながる奥御殿からなり、全体を総称して好文亭と呼んでいる。
好文亭.jpg


好文亭の名前の由来は、晋(しん)の武帝の故事「文を好めば則ち梅開き、学を廃すれ ば則ち梅開かず」により、梅の異名を「好文木(こうぶんぼく)」といったことから命名されたといわれています。

好文亭から見た景色 千波湖が見えます
景色好文亭から見た.jpg



梅4.JPG


水戸駅
水戸駅.jpg


水戸駅の納豆像  水戸といえば納豆ですね
水戸の納豆.JPG


水戸駅の黄門様像
水戸黄門.JPG


偕楽園は、たくさんの梅の花と甘酸っぱい梅の香りが広い園内いっぱいに広がっていました。


========================================================================



スポンサーリンク







========================================================================

旅の思い出 ブログトップ