So-net無料ブログ作成
検索選択
家庭菜園 ブログトップ
前の10件 | -

家庭菜園のカボチャで煮物を作りました。 [家庭菜園]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------

家庭菜園のカボチャも大きく育っています。

大きさだけ見ると収穫しても
良いような気がしますが、


いざ、収穫するとなると、
本当に収穫しても良いものかどうか迷います。


IMG_20170619_092907.jpg



カボチャの収穫のタイミングですが、
よく解りません。

そこで調べてみると、
カボチャの「へた」がコルク化した時が
収穫のタイミングとか。



DSCN8428.JPG


「へた」とはカボチャの実を、
つないでいる部分の事です(赤丸で囲んだ所↑)

もう少し置いておきます。



上の写真のカボチャとは違いますが、
収穫したカボチャで煮物を作ってみました。


DSCN8413.JPG




カボチャの煮つけ

材料

カボチャ4分の1
お水  200ml
砂糖  大さじ 1.5
醤油  大さじ 1.5
ミリン 大さじ 1.5
酒   大さじ 1.5


DSCN8415.JPG

作り方

1・鍋に水と上記の調味料を全部入れ
  沸騰させる。
2・1にカボチャを入れ、アルミ箔で
  落し蓋をする。
3・煮汁の量を見ながら煮詰めて出来上がり。


DSCN8416.JPG


ホクホクした南瓜で、
とても美味しかったです。



------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





大量にとれたキュウリを漬物にしました。 [家庭菜園]

スポンサーリンク



-----------------------------------------------------------------------------------------

キュウリの苗を2つ買い、
今では収穫できる位に成長しました。


1日でも食べ頃を逃すと大きなキュウリに
なってしまいます。



DSCN8009.JPG


夫婦ふたり暮らしで毎日、4~5本の収穫。
毎日4~5本食べるのはけっこうキツイです(泣)


どんどんキュウリが冷蔵庫に溜まっていきます。

そこで、キュウリの大量消費に、
漬物を作ってみました。



DSCN8240.JPG



大きなキュウリを4本使いました。

いつもお世話になっているクックパッドを
見て作りました。

キュウリは一度、沸騰したお湯に入れてから、


DSCN8242.JPG


5ミリ位の大きさに輪切りしました。

調味液を沸騰させ、そこに上記のキュウリを
入れ、再沸騰したら火を切り自然に冷まします。




DSCN8243.JPG

調味液は、
調味液は醤油100cc、ミリン50cc、
ショウガ1カケ、鷹の爪1本


冷蔵庫に入れ冷やして食べました。

キュウリのキューちゃんの、
柔らかバージョンのような味で、
美味しかったです。



----------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





トマトの収穫 [家庭菜園]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------

家庭菜園で育てているトマトです。

普通サイズのトマトも、
だんだん赤く色付いてきました。
そろそろ食べ頃のようです。


DSCN8186.JPG


以前、ブログの記事にした時は、
まだ薄緑色をしていました。

美味しそうな赤色になったので、
今日、1個ちぎってみました。

DSCN8192.JPG


ミニトマトのアイコは庭に出た時、
色付いたのから、
ちぎって食べています。

うちのミニトマトは黄色い方が甘いです。
植えた苗の個体差があるのでしょうか。


DSCN8190.JPG


トマトはビニールハウスの中で
育てています。

さっそく、食べてみました。


DSCN8194.JPG


とても甘くて美味しかったです。

ミニトマトのアイコは粒が思ったより、
大きく出来ました。


--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク




家庭菜園のトマトが育ってきました。 [家庭菜園]

スポンサーリンク




------------------------------------------------------------------------------------------------

今年の家庭菜園のトマトは、
全部で6本の苗を植えました。

大きく育ってきました。


DSCN8102.JPG

ミニトマトの「アイコ」の赤を2株と、
黄色が2株。

そして普通サイズ2株の、
合計6株をビニールハウスに植えました。


DSCN8098.JPG


一番最初に色付いたのは黄色の↑アイコです。
ひとつ、ちぎって食べてみました。
甘くて美味しかったです。


赤いアイコも色付いてきました。↓

DSCN8100.JPG


ミニトマトと言えば、
昔はまん丸の形をしたミニトマトでした。


アイコは縦に長い形をしたミニトマトです。
この細長い形もすっかりお馴染みですね。


DSCN8103.JPG


「アイコ」と言うのは、
アイコと言う名前のトマトで、
ミニトマトの一種です。


甘くて美味しいのが「アイコ」の特徴です。[わーい(嬉しい顔)]



こちらは普通サイズのトマトです。
まだ青いです。↓


DSCN8096.JPG


昔、まん丸のミニトマトに黄色が出た時は
驚きました。

今は黄色い色のミニトマトもスーパーで
よく見かけるので全く驚きません。


---------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





小玉スイカが大きくなってきました。 [家庭菜園]

スポンサーリンク




---------------------------------------------------------------------------------------------
今年もスイカの苗を購入しました。

この畑には小玉スイカを1、大玉スイカを2、
黒皮スイカを1の合計4株植えました。

ソフトボール大に育った小玉スイカです。↓ [わーい(嬉しい顔)]



DSCN8040.JPG



全部、接ぎ木した苗を購入しました。
接ぎ木した苗は丈夫という事です。

いち早く、実を付けたのは小玉スイカです。


赤丸の所に小玉スイカがあります。↓


DSCN8037.JPG


小玉スイカの他、他の種類のスイカにも、
小さい実がたくさん付いています。

スイカの花です、黄色い花が可愛いです。
スイカには雌花と雄花があります。


DSCN8042.JPG


雌花は蕾の元が膨らみ、
雄花は蕾の下の膨らみがありません。

雌花の蕾の元の膨らみがスイカの実に
なります。


DSCN8039 (2).JPG

め花に、お花をこすり付けて受粉させます。


小さい実がなっています。
大きく育って美味しいスイカになって欲しいです。

小玉スイカは楕円形の形が可愛いです。


-----------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





収穫したジャガイモでポテトサラダを作ったよ。 [家庭菜園]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------------------

ジャガイモの男爵、
先週の土曜日に収穫しました。

大きいのや小さいの、
サイズがいろいろです。[わーい(嬉しい顔)]

IMG_20170520_090033 (002).jpg


新ジャガは皮も薄く、
タワシでこすれば直ぐに剥けます。

小さいのは丸ごと、
皮ごと素揚げで食べるのも美味しそう。


新じゃがいもを茹でて、
ポテトサラダを作りました。

DSCN7980.JPG



キュウリと玉ねぎも家庭菜園で作ったものを
使いました。


キュウリは、表面にトゲトゲの無い、
イボ無しキュウリの苗を買いました。


DSCN8009.JPG



採れたてのキュウリも美味しいです。
キュウリの花は、
黄色い可愛い花です。↓


DSCN8011.JPG

ポテトサラダは
新玉ねぎのスライスしたものも、
入っています。

レタスは2苗購入し、食べる分だけ
外葉からちぎっています。↓


DSCN8015.JPG



レタスはポテトサラダの横に添えました。

新ジャガイモはみずみずしくて
美味しいです。[わーい(嬉しい顔)]


DSCN7980.JPG


家庭菜園も約3年目に入りました。
周りの人たちに教えて貰いながら、
何とか、形になってきました。

感謝の気持ちでいっぱいです。


---------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





ツタンカーメンの豆ご飯はピンク色。 [家庭菜園]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------------------

知人から頂いたツタンカーメンの豆(種)

家庭菜園で種を植えてからの観察は、
花を楽しみ、紫色のサヤを楽しみました。

そんな、ツタンカーメンの豆も収穫の時期を
迎えました。

お赤飯のようなツタンカーメンの豆ごはん↓

ツタンカーメンの豆ご飯.JPG


ツタンカーメンの豆はサヤが紫色をしていますが、
サヤの中は緑色の豆が並んでいます。

この緑色の豆を使って、豆ご飯を作りました。

炊き上がりから4時間以上保温すると、
ご飯が綺麗なピンク色に染まります。




DSCN7662.JPG

ツタンカーメンの豆らしく何とも不思議な豆です。
花はスイトピーのように可愛いです。↓



ツタンカーメンの豆.JPG

ツタンカーメンの豆とは
古代エジプト王朝、ツタンカーメン王のお墓の中から
イギリスの考古学者ハワード・カーター氏によって、
発見されたエンドウ豆です。
長い年月を経て蘇ったとは、神秘的です。

炊き上がりのご飯の色はまだ白いです。↓


ツタンカーメンの豆ご飯1.JPG


それが4時間以上保温すると、ピンク色になります。

ネットで作り方を見ていると、
サヤを煮てその煮汁を入れる方法が、
載っていましたが、
うちはサヤは使わず豆だけの使用です。↓


DSCN7665.JPG


色をお赤飯のように赤くするには、↓
豆の量が多く必要になります。

お米2.5合に対し、豆は2カップ使いました。

ツタンカーメンの豆ご飯.JPG


次回、備忘録としてレシピを残そうと思います。

豆の味が濃く、とても美味しい
ツタンカーメンの豆ご飯でした。[わーい(嬉しい顔)]


---------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





家庭菜園で採れた豆を塩茹でにしました。 [家庭菜園]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------------------

家庭菜園で育てた豆は、
ソラマメ、赤花絹サヤ、ツタンカーメンの豆の
3種類です。

DSCN9725.JPG

どの豆も順調に育っています。
3種の豆を収穫しました。

ビールのおつまみに塩茹でして
食べる事にしました。

DSCN7585.JPG


赤花の絹さやは食べ頃を過ぎて、
実が育ち過ぎてしまいました。

赤花の絹さやえんどう.JPG


もうサヤは食べる事が出来ません。
そこで、中の豆を食べる事にしました。



DSCN7607.JPG


写真は↑上がツタンカーメンの豆 
下が赤花のキヌサヤ

ツタンカーメンの豆はサヤは紫色をしていますが、
実は緑色をしています。

ツタンカーメンの豆。↓

紫色の豆.JPG


ソラマメです。↓

3種類の豆を一緒にお鍋に入れて、
3分間、塩茹でにしました。


DSCN7588.JPG

ツタンカーメンの豆も、絹サヤも
同じ色なので、どちらがどちらなのか、
解りません。[わーい(嬉しい顔)]


ソラマメはまだ成長途中なのか、
柔らかく、薄皮まで食べる事が出来ました。


豆3種.JPG


ツタンカーメンと絹さやの豆は
薄皮がやや硬かったです。
薄皮は食べずに中の実だけ食べました。

どの豆も美味しかったです。[わーい(嬉しい顔)]


----------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





ツタンカーメンの豆  サヤを食べてみました♪ [家庭菜園]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------

ツタンカーメンの豆にサヤが
たくさん付け始めました。

ツタンカーメンの豆のサヤは、
紫色をしています。↓


ツタンカーメンの豆.JPG


ツタンカーメンのエンドウ豆は、
サヤの中の豆(実)を食べるので
しょうが、

サヤを収穫して絹サヤのように、
茹でて食べてみました。

実が入る前の若いものですね。↓

DSCN0079.JPG


紫色をしたサヤはどんな味がするのでしょうか。
興味シンシンです。


紫色で無ければ形といい大きさといい、
絹サヤと同じです。


DSCN0073.JPG


味は絹さやと同じでした。
絹さやより、シャキシャキ感が
あり触感はよいです。

ゆで汁です↓ 約2分間茹でました。
紫色が抜けて、このような色になりました↓


DSCN0087.JPG




畑には3種類の豆が植わっています。↓

写真左側が紅色キヌサヤ、
真ん中がツタンカーメンの豆、
右側にソラマメを植えています。


豆3種.JPG


人参とツナを卵でとじたものに、

茹でた絹サヤとツタンカーメンの豆の

サヤを加えて、一品作りました。

DSCN0084.JPG


左側に写っているのが↑
ツタンカーメンのサヤです。
紫の色がだいぶ抜けています。

主人いわく、
紫色は食欲が減退すると言ってました。
珍しいので、ヨシとします。


----------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





サヤが付いたツタンカーメンの豆 [家庭菜園]

スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------

サヤが付いたツタンカーメンの豆


ツタンカーメンのエンドウ豆に

紫色のサヤが付いているのを

見つけました。[バッド(下向き矢印)]


紫色の豆.JPG


以前の記事(2016年3月6日)で、

ツタンカーメンの豆を記事に

しました。




写真左側にツタンカーメンの豆、

右側にソラマメが植わっています


DSCN9725.JPG



その記事の中で、

サヤの色は紫色をしていて、

それがツタンカーメンのエンドウ豆の

特徴と書きました。



サヤの色は確かに紫色をしていました。↓

写真の真ん中にあたりに紫色のサヤが写っています。


ツタンカーメンの豆.JPG


ツタンカーメンのエンドウ豆は

古代エジプトのツタンカーメン王のお墓から

出土した豆です。




紫色のサヤはインパクトがあります。


紫色の豆.JPG


3000年以上も前の豆が

こうして

現在に蘇り、目の前にあるとは、

感慨深いです。




花色は赤紫色です。↓


DSCN9729.JPG


サヤは紫色です。


サヤはまだペッタンコなので

豆が育つには

まだ時間がかかりそうです。


花はスイートピーによく似ていて可愛いです。


DSCN9730.JPG


こちらは赤花の絹サヤエンドウです。↓

ツタンカーメンのエンドウ豆の隣に植えています。



ツタンカーメンのえんどう豆と

赤花の絹さやえんどうは、

こうして

花だけ見ると、同じですね。↓



赤花の絹さやえんどう.JPG


次回、豆の

収穫を記事にしたいと思います。


ツタンカーメンの豆は、

どんな味がするのでしょうか。


写真はすべて本日(3月31日)撮影しました。



-----------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





前の10件 | - 家庭菜園 ブログトップ