So-net無料ブログ作成

ぼた餅を作りました。 [料理]

スポンサーリンク



-------------------------------------------------------------------------

ぼた餅は大好きでスーパーでよく買うのですが、
小豆がお買い得だったので、手作りしてみました。


餡は圧力鍋で煮ました。
備忘録として作り方を残して置きます。




DSCN9864 (1).JPG


ぼた餅とおはぎの違いは諸説あるようですが、

今、牡丹の花↓が綺麗なので
「ぼた餅」と呼んでいきますね。



小豆は洗ってすぐに煮始めました。
一晩水に浸けていません。

食べたい時に小豆があれば、すぐに出来るのが良いです。



IMG_20180416_125254.jpg



材料
小豆  250g
砂糖  160g
ハチミツ  大さじ1
塩     小さじ 5分の1


作り方
1・洗った小豆は煮る前に一度茹でこぼします。
  (小豆をたっぷりの水で煮て沸騰したら火をとめ、
  蓋をして20分置き、煮汁を捨てます。)




DSCN9850 (1).JPG




2・圧力鍋↓で小豆を煮ます。
 沸騰してから弱火で3分煮て火を止め茹で汁を捨てる。
  (1で一度茹でこぼしているせいか、柔らかく煮えていました。)

  

DSCN9852 (1).JPG




3・小豆に砂糖を加えて煮ていきます。
 20分位煮ました。

4・火を止めて蜂蜜と塩を入れよく混ぜ出来上がり。
 


餡子が出来ました↓



DSCN9865 (1).JPG



・お米は「もち米」とうるち米を7対3で。
 今回合わせて1合炊きました。
 分量の水に30分浸けてから炊きます。


炊き上がったら、すりこ木で米をざっと搗きます


だ円形に丸めて6個出来ました。


DSCN9860 (1).JPG




・あとは餡にくるんで出来上がりです。


ぼた餅6個(米1合)作りましたが、
餡子は多めに作っているので残っています。

冷蔵庫で1週間は保存できるようです。



DSCN9870 (1).JPG


手作りは甘さを
自分の好みに調節出来るのが良いです。


程良い甘さで美味しく出来ました。



------------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク






nice!(61)  コメント(4) 

今が旬、タケノコご飯 [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------

タケノコを知人から沢山いただきました。
掘り立てなのでアクも少なく柔らかいタケノコです。


これでもかというほど、タケノコがいっぱい入った、
タケノコご飯、若竹煮、天ぷら、酢味噌和えを
作りました。


DSCN9834 (1).JPG



筍ご飯の作り方をネットで調べていると顆粒だしを
使ったレシピが出てきました。



簡単に美味しく出来たので、
備忘録としてレシピを残しておきます。



DSCN9936.JPG

タケノコご飯のレシピ

材料
米2合
茹で筍   1個200g
油揚げ   2分の1枚(20g)
ニンジン  半分


大きなタケノコ 65cmありました[がく~(落胆した顔)]

DSCN9937.JPG


〇薄口しょうゆ  大さじ1
〇顆粒だし    小さじ山盛り2杯 (8g)
〇塩       少々

作り方
・米は洗って30分以上浸水しザルにあげて水気をきる。
・たけのこは薄切り。油揚げは5ミリ角に切る。



DSCN9831.JPG


・炊飯器に米を入れ2合も目盛りまで水を注ぎ〇の調味料を入れ
 たけのこと油揚げと人参を乗せて普通に炊く。



DSCN9834 (1).JPG



竹の子さえあれば特に買い足すものもなく
簡単に美味しく出来ました。




----------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(60)  コメント(4) 

掘り立てタケノコを下茹でしました。 [料理]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------------

春のご味覚、タケノコを頂きました。
皮はまるでビロードのように艶やかです。
掘り立てですね。

太い筍が1本。2ℓのペットボトルより太いです。


DSCN0357.JPG


タケノコは掘ってから時間が経つごとに

鮮度が落ちていくので

タケノコが手に入ったら出来るだけ早く

下茹でする事が重要と言われています。



DSCN0406.JPG


下茹ですることでアクとえぐみを取ります。




タケノコの下処理と下茹で方法

材料  
タケノコ  3本
米ぬか   2つかみ
鷹の爪   1本

    

1・タケノコの外皮を数枚剥がし先端を斜めに切り落とす。



竹の子.JPG



2・切り口から根本に向かって包丁で切り込みを入れる。

3・鍋の中に2のタケノコを入れ、かぶる位の水と米ぬかと鷹の爪を加え
 1時間位茹でる(落し蓋の代わりにクッキングペーパーを)


 ・鍋に入らない場合はカットして入れます。



DSCN0408.JPG



4・そのまま鍋に入れ冷めてから皮をむく。


水をはった容器に入れて冷蔵庫で保存します。



DSCN9881.JPG



水を毎日変えると1週間は保存できるようです。

下茹でした竹の子で、

若竹煮と竹の子ご飯を作りました[わーい(嬉しい顔)]

近いうちに記事にしたいと思います。



----------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(56)  コメント(6) 

家庭菜園の新玉ねぎでドレッシングを作りました。 [料理]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------

市販の玉ねぎドレッシングが切れたので
家庭菜園の新玉ねぎを使って
自分でドレッシングを作りました。


手作りの玉ねぎドレッシング↓

DSCN0085.JPG



菜園の玉ねぎは 
まだ大きくなっていませんが、

そこそこに大きくなった物を畑から
抜いてきました。


IMG_20180321_103036.jpg



新玉ねぎを 擦って作ります。

作り方はお馴染みクックパッドを参考にしました。

備忘録として分量を残して置きます。




IMG_20180321_103233.jpg



材料
・新玉ねぎ  半分
・醤油    大さじ1
・酢     大さじ1
・砂糖    大さじ1
・オリーブオイル  大さじ1
・塩     二つまみ

材料を混ぜて出来上がりです。


DSCN0092.JPG



玉ねぎの擦り切れなかった部分は包丁でみじん切りに。
シャリシャリした玉ねぎの食感も美味しいです[わーい(嬉しい顔)]


菜園で採れたレタスのサラダに
かけて食べました。


新玉ねぎは甘いです。
とても美味しいドレッシングでした。



----------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(62)  コメント(2) 

手作りの橙ポン酢 [料理]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------

橙の果汁を絞ってポン酢を作りました↓

橙ポン酢は香りがとても良く美味しいです[わーい(嬉しい顔)]


去年も作り
1年間は市販のポン酢を買わずにすみました。



DSCN9991.JPG



さすがに残り少なくなったので
今年も作りました。


去年、作った時の記事を見て作りました。
http://matunoki.blog.so-net.ne.jp/2017-02-20


材料
・果汁(250㏄)
・醤油(250㏄)
・ミリン(250cc)
・昆布5グラム




橙ポンズ.JPG



同じ分量で作りました。
よく混ぜて酢の空き瓶に入れました。



まだ橙が木に残っているので残りをちぎって
ポン酢を作る予定です。


DSCN9851.JPG


ネットで作り方を見ていると調味料も分量も様々です。
中には鰹節やお酒を入れている作り方もあります。


私の作り方はクックパッドを参考にして作りました。
火は使わず材料も少なくシンプルですが、
とても美味しいです[わーい(嬉しい顔)]



---------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク







nice!(65)  コメント(2) 

茎ワカメの甘酢漬け [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------

茎ワカメの甘酢漬け↓を作りました。

ワカメは普段目にしますが、
茎わかめはあまり目にしないのでは
ないでしょうか。


DSCN9876.JPG


茎ワカメは
ワカメの葉を支えている芯の部分です。

葉がワカメです。

生の茎わかめは このように茶色をしています↓



DSCN9871 (1).JPG



お鍋にお湯を沸かし1~2分茹でると
このような綺麗な緑色↓になります。



甘酢漬けの調味液を作ります。
分量はクックパッドを参考にして作りました。




DSCN9875 (1).JPG


備忘録として調味液の分量を残しておきます。
 
調味液
・酢 100cc
・醤油 15cc
・だし汁(50cc)
・酒(大さじ2)
・砂糖(大さじ1)

茎わかめの分量は上記の調味液に浸かる量で。


[1]上記の調味液を鍋に入れて煮立たせる。
[2]冷めたら容器に
食べやすいように切った茎ワカメを入れて
出来上がりです↓


DSCN9876.JPG



美味しかったです[わーい(嬉しい顔)]



こちらはメカブを調理した時の記事です↓
ちなみにメカブはワカメの根の部分です。

http://matunoki.blog.so-net.ne.jp/2018-02-25



---------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






nice!(66)  コメント(8) 

生のメカブを調理する。 [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------

鳴門ワカメを頂きました。
「めかぶ」と「茎わかめ」に分けられていました。


部屋中、磯の香りに包まれました[わーい(嬉しい顔)]

どのように調理するのか、
さっそく作り方をネットで調べました。



メカブを茹でて細く切りました↓

DSCN9892.JPG



フリルの様なところがメカブです↓



茹でる前はこのような茶色↓をしています。
スーパーで見た事があるのではないでしょうか。


DSCN9878.JPG


芯の部分ははずし、
フリルの部分だけ使いました。




熱湯に入れると緑色になります↓


DSCN9884.JPG



下処理の仕方
1・メカブはお水で綺麗に洗う(けっこう砂やゴミが付いています)
2・鍋にお湯を沸かしメカブを入れ
  色が茶色から緑色に変わったら水に取ります。

  茹で時間は1分位でしょうか。すぐに色が変わります。



細く切って↓ポン酢で頂きました[わーい(嬉しい顔)]


DSCN9892.JPG



こちらは細かく包丁で刻みました。

ヌルヌルしています。

このヌルヌルが体に良さそうです。[黒ハート]


DSCN9889.JPG



それぞれポン酢と麺つゆをかけて頂きました。[わーい(嬉しい顔)]


今日は「メカブ」を記事にしましたが、
今度は「茎わかめ」を記事にしたいと思います。



------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(69)  コメント(2) 

橙のマーマレードを作る。 [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------

2月になり橙が全体的にオレンジ色に色付いてきました。
この色を見ると橙のマーマレードを作らなくてはと思います。



お正月の鏡餅に乗せる橙です。
その時はまだ青っぽく
オレンジ色のダイダイを探すのに苦労しました[ふらふら]



DSCN9851.JPG



庭には柑橘系ミカンが数種類植わっていますが、
私はダイダイで作るマーマレードが一番好きです[黒ハート]



甘酸っぱくほろ苦く香り豊かなマーマレードは
この時期のご馳走です。



DSCN9845.JPG





橙の皮を剝くのは硬くて大変ですが、
食べた時の美味しさを思うとなんのその[わーい(嬉しい顔)]


橙15個でタッパー3個分が出来上がりました。



DSCN9844.JPG



去年の2月11日の記事に[バッド(下向き矢印)]
備忘録として橙のマーマレード作りを残しています。


http://matunoki.blog.so-net.ne.jp/2017-02-11

この記事を見て、マーマレードを作りました。



-----------------------------------------------------------------------------




スポンサーリンク





nice!(66)  コメント(2) 

美味しい五目寿司を作りました。 [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------
地元、徳島産のレンコンを頂きましたので
家に有る材料を使って 五目寿司を作りました。


五目寿司の具は冷凍できるとの事で、
多めに作りました。


DSCN9697.JPG



備忘録としてレシピを残しておきます。
具は2回分です。

材料

五目ずしの具(ご飯2合分×2 全部で4合分の量)
レンコン    1節
人参      半分
干し椎茸    3枚
高野豆腐    1枚
油揚げ     2枚 


調味料

干し椎茸の戻し汁   300CC
醤油         大さじ 3
砂糖         大さじ 2
みりん        大さじ 1
ダシの素       少々

※具がかぶる位の水分で。
 椎茸の戻し汁が少なければ水を足す。


手作りの干し椎茸↓ 生椎茸を干しただけですが[わーい(嬉しい顔)]

DSCN9137.JPG


作り方

・干し椎茸と高野豆腐は水につけて戻す。
  干し椎茸はスライスし、高野豆腐は小さく切る。
  
  油揚げは熱湯をかけて油抜きしスライスする。

  人参、レンコンを好みの切り方で切る。
  レンコンは酢水に漬けてアク抜きする。


・鍋に1の材料と調味料を入れ、
  火にかけ水分が無くなるまで煮る↓

DSCN9694.JPG




ご飯2合のすし飯を作る
酢   大さじ3弱
砂糖  大さじ3弱
塩   小さじ1

 お米は水の量を少なめにして炊く。
 私は5cm位の昆布と酒大さじ1を入れて炊きました。



・ご飯が熱い内にすし酢を混ぜ、
  そこに冷めた五目ずしの具を入れ混ぜる。
 

  
.最後にトッピングに錦糸卵とグリーンピースを
  乗せて出来上がりです↓



DSCN9697.JPG




五目ずしの具は冷凍で1か月間位持つようです↓

残りの半分は冷凍庫に保存しました。


DSCN9699.JPG


やはり手作りは美味しいです。

具は家にある材料で。
チクワを入れても良かったかな[わーい(嬉しい顔)]



---------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(62)  コメント(0) 

炊飯器で焼き芋を作りました。 [料理]

スポンサーリンク



-------------------------------------------------------------------------------
知人から頂いた鳴門金時です。

さつまいもは大好きです[黒ハート]

てっとり早く食べたい時は
レンジでチンして食べています[わーい(嬉しい顔)]


DSCN9382.JPG



レンジでチンは手間がかからず
一番簡単な食べ方です。

レンジと同じぐらい簡単な方法を
ネットで見つけました。


炊飯器で焼き芋が作れる事を知りました。
焼き芋というか蒸し芋でしょうか。


DSCN9587.JPG



レンジより炊飯器の方がしっとりと出来ます。
レンジはパサッとした感じです。




炊飯釜にお水1カップと焼き芋2本入れて
炊き上がると出来上がりです。



玄米モードで↓

DSCN9556.JPG



炊飯器には玄米モードがありますが、
玄米モードで炊くとねっとりとした出来上がりに
なりとても美味しくなります[わーい(嬉しい顔)]


ただ玄米モード↓は時間がかかります。
それと炊飯釜が焦げます。


DSCN9559.JPG


炊き上がり15分前に蓋を開けて中を見たら
水が無くなり炊飯釜が焦げていたので
途中でスイッチを切りました。



その焦げが薩摩芋に付くので焼き芋風になりますが。


普通モードで↓
DSCN9562.JPG


炊飯器で普通に炊いても充分美味しいです。



-------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(66)  コメント(6)