So-net無料ブログ作成
検索選択

家庭菜園の赤ピーマンも入れてチンジャオロース風炒め物。 [料理]

スポンサーリンク



-----------------------------------------------------------------------------------------------

家庭菜園で採れたピーマンと
玉ねぎを使い

チンジャオロース風の
炒め物を作ってみました。


DSCN9733.JPG



赤ピーマンも入れました。
緑色のピーマンが完熟すると
赤ピーマンになります。



DSCN9754.JPG




普段、食べている緑色のピーマンは
未熟の状態で収穫したもの。


もうピーマンも葉が枯れかけて
そろそろ終わりが近づいています。



DSCN9752.JPG



赤いピーマンが入ると
色どりが綺麗で
食欲がわきますね。

それに緑色と比べると
甘いです。

玉ねぎも家庭菜園で採れたものです。


DSCN9750.JPG



作り方です。

1・ピーマンと玉ねぎは細きりにして、
塩コショウで炒め、取り出しておきます。


DSCN9723.JPG



2・適当に切ったお肉に、
小麦粉をかけ、まぶしたものを
炒め塩コショウし、


DSCN9726.JPG



3・チューブのショウガを
入れ味を付けます。


DSCN9729.JPG



4・フライパンで炒めた牛肉に、
1の野菜を戻し、
砂糖と麺つゆで味を整えます。


DSCN9731.JPG



これで出来上がりです。

作ったあと思った事です↓[わーい(嬉しい顔)]

牛肉は先にお酒とショウガで
下味を付けてから料理した方が
美味しいです。



----------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






nice!(51)  コメント(0) 

レトルトカレーで夏野菜カレーを作りました。 [料理]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------
家庭菜園で作っている野菜。

お陰様で沢山の野菜が、
毎日採れています。

中でもトマトは毎日、
冷蔵庫に溜まっていきます。

DSCN8491.JPG

せっかく採れた美味しいトマトです。
無駄にせず、
美味しく頂きたいものです。

そこで
お昼ご飯にトマトとナスを使った、
夏野菜カレーを作りました。

DSCN8520.JPG


トマトは生で食べるより、煮込んだ方が
たくさん食べる事が出来ます。


レトルトカレーに、一手間加え、
夏野菜カレーを作りました。
レシピを残しておきます。


レトルトカレーを使った夏野菜カレーの作り方


DSCN8513.JPG

材料
レトルトカレー1袋
トマト    2個
ナス     1本


作り方

トマトはざく切りにして、
お鍋に入れ火にかけます。


DSCN8507.JPG


トマトの水分だけで煮込んでいきます。

次にナスを入れ、ナスが柔らかくなったら



DSCN8508.JPG



そこにレトルトカレーを1袋入れます。


DSCN8513.JPG


温まったら出来上がりです。

トマトは形が残っていません。

辛口のカレーなのですが、
野菜の甘さが加わる事により、
中辛位の辛さになりました。



DSCN8516.JPG


レトルトカレーは1袋使用しました。

野菜がプラスされますので、
二人分のカレーが出来ました。



DSCN8520.JPG


簡単でワンランク上の夏野菜カレーです。
トマトとナスの組み合わせは合います。

美味しかったですよ。


------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






美味しいトウモロコシの茹で方 [料理]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------------------------

知人から採れたてのトウモロコシを頂きました。

さっそく茹でて食べる事にしました。
トウモロコシは大好きです。


DSCN8447.JPG


お馴染みのクックパッドで、
トウモロコシの
簡単で美味しい茹で方を探しました。


このレシピ
何といっても時間がかからないのが
魅力です。


DSCN8449.JPG


備忘録としてレシピを残しておきます。


トウモロコシの茹で方

材料
トウモロコシ 3本
塩      小さじ3分の1
水      30ml



DSCN8451.JPG


作り方

1・鍋に皮を剥き、
綺麗に洗ったトウモロコシを入れる。
(このお鍋には3本しか入らないので
この本数で茹でます。)

2・そこに水を300mlと
  塩小さじ3分の1を入れる。

3・鍋にフタをして火を付ける。
  強火で3分。


DSCN8452.JPG


4・トウモロコシを裏返して1分で出来上がり、



鍋の水を切り、フタを開けると美味しそうな
トウモロコシが見えます。


DSCN8454.JPG



水の量が少ないので、
本当に茹で上がるのかと心配でしたが、
大丈夫でした。


採り立てという事もあるのでしょうが、
食べてビックリです。
甘くてとても美味しいトウモロコシでした。


DSCN8455.JPG


鍋に入れている時間は4分です。
本当に早いです。


皮を剥いて、茹でて、お皿に盛るまで、
10分弱です。


-----------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





傷んだビワでジャムを作ったよ。 [料理]

スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------

傷んだビワでジャムを作りました。

完熟のビワなので、
とても美味しいジャムが出来ました。


DSCN8352.JPG


庭のビワの木
今年はたくさんの実を付けました。


DSCN8304.JPG


大きな実を何度か収穫したのですが、
一昨日見ると、
中には、水分が抜けシワシワになった実も
あり、
どうやら収穫の最終段階に入ったようです。


DSCN8299.JPG


鳥に食べて貰う分だけ残し、
すべて収穫しました。

収穫してみると、
傷んだビワが大量にあります。


捨てるにはもったいないので、
傷んだ所は取り除き、
ジャムにしました。


DSCN8347.JPG



備忘録としてレシピを残しておきます。

ビワのジャムの作り方

材料
ビワ500g
砂糖 120g
夏みかんの汁(レモン汁)30cc

作り方

1・ビワは半分に切り皮と種と薄皮を取り除く。

変色防ぐため、水で薄めた夏みかんの絞り汁を
ボールに入れ、剥いたビワから漬けこみました。


DSCN8370.JPG



2・鍋に処理したビワと夏みかんの汁と砂糖を入れて煮る。
  (夏みかん汁はレモン汁の代わりです)

3・水分が無くなるまで煮詰めて出来上がり。
  (沸騰してから10分強煮詰めました)↓



DSCN8345.JPG


傷んだビワは食べられる所だけカットします。
どっちみちジャムにするので、
細かくしてもかまいません。



----------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





ビワのシロップ煮を作ったよ。 [料理]

スポンサーリンク



------------------------------------------------------------------------------------------

庭のビワの実も良い色に色付いてきました。
もう食べ頃です。


ビワは生で食べても甘く
とても美味しいですが、


DSCN8301.JPG


今日はシロップ煮を作ってみました。↓


材料は普通の砂糖、レモン汁は夏みかんで
代用、すべて家にあるもので作りました。


DSCN8311.JPG



備忘録としてレシピを残しておきます。

材料
ビワ   30個位
水    250ml
砂糖   100g
夏みかんの汁(レモン汁)  大さじ2位



DSCN8298.JPG


作り方
・ビワは半分に切り、皮と種と薄皮を
 取り除く。
・お鍋に水と砂糖を入れ、煮溶かす。
・煮溶かしたら、ビワと夏みかんの汁を入れる。
・沸騰してから弱火で10分間煮る。


DSCN8306.JPG


・粗熱が取れたらシロップ毎容器に入れる。
・冷蔵庫で保存する。




うちは夏ミカンの木があるので、
レモン汁の代わりに使いました。

ビワは皮を剥いている際から、
変色していくので、
私は分量外の夏みかん汁に漬けこみました。


DSCN8307.JPG



煮ている時にアクがでたら、アクを取る。


冷蔵庫で1週間ぐらい持つようです。


DSCN8311.JPG


甘くて、とても美味しいビワのシロップ煮が
出来ました。


--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク




タケノコの下茹で 米ぬかを茶袋に入れ圧力鍋で。 [料理]

スポンサーリンク



-------------------------------------------------------------------------------------------

タケノコを下茹でする時、圧力鍋で茹でると、
早いです。

普通のお鍋で茹でると1~2時間かかる
タケノコも
圧力鍋だと約15分で茹であがります。


DSCN7810.JPG



タケノコの下茹でをする時に、
おなじみの米ぬかですが、↓

圧力鍋のレシピ本を読むと、
米ぬかは使わないで
下さいと書いてあります。



DSCN7508.JPG



米ぬかの変わりにお米のとぎ汁や
お米を入れて下さいと書いてあります。


これは米ぬかで下茹ですると
沸騰した時に圧力鍋のフタの蒸気ノズルを塞いで
しまい、危険だからです。



DSCN7650.JPG


私はお茶袋に米ぬかを入れて、↓
圧力鍋で下茹でしました。



DSCN7515.JPG


茶袋から米ぬかが破れて放出することなく、
綺麗に茹であがりました。


茶袋  百均で買いました。[わーい(嬉しい顔)]

DSCN7511.JPG



米糠が茶袋に入っているので、
使用後
捨てるのも楽です。


DSCN7513.JPG


うちは米ヌカが冷蔵庫に眠っており、
なるべく米ヌカを使いたいので。[わーい(嬉しい顔)]

お米は玄米で買い、家庭用精米機で
精米しています。その時に出るのが
米糠です。


たけのこご飯.JPG



茹でる時に米ぬかを入れるのは
タケノコのえぐみを取り除いてくれるからですね。



-----------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





旬なご馳走・たけのこご飯 [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------------------

竹の子を知人から頂きました。
タケノコはこの時期、春のご馳走です。

旬なタケノコを使って
タケノコご飯と若竹煮を
さっそく作りました。

たけのこご飯.JPG


タケノコは圧力鍋を使って
茹でたので時間はかかりませんでした。

オモリが揺れ始めてから15分間
弱火で煮ました。

時短ですね。


DSCN7403.JPG


タケノコご飯は白だしを使って
炊いたので、手間がかかりませんでした。

備忘録としてたけのこご飯のレシピを残しておきます。

材料  
    ・米2合
    ・たけのこ(茹でたもの) 200g
    ・油揚げ  1枚
    ・人参   適宜
    ・絹さや  適宜
    ・白だし  大匙4

赤丸で囲った茹でタケノコが 約200g

DSCN7415.JPG


作り方
・米は、炊く1時間前にといてザルにあげ、水を切る。
・たけのこと人参は適当に切る。
 油揚げは熱湯をかけ、油ぬきをし、
 適当に切る。
・炊飯器に米と白だしを入れ
 普通にご飯を炊く線まで水を入れてかき混ぜる。
・そこにタケノコと人参と油揚げを加えて、
 炊く。



たけのこご飯.JPG


最後に茹でた絹さやを散らしました。

少し薄味でしたが、とても美味しかったです。

白だしだけで味付けが
出来るのは簡単で良いです。


若竹煮↓  こちらも白だしで煮ました。

DSCN7446.JPG


タケノコご飯は、
味の濃い目が好きな方は白だしを、
あと、
大さじ1杯ぐらい足しても良いですね。


----------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





人参の搾りかすでクラッカーを♪ [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------------------

人参の搾りカスでクラッカーを作りました。


昨日は人参ジュースを記事にしました。


ニンジンをスロージューサーで絞ると


たくさんの搾りかすが出ます。


この絞りカスを使って、クラッカーを作りました。


DSCN9685.JPG



天板1枚分作りました。


材料

人参の絞りカス、小麦粉、塩、サラダオイル



塩味がほんのりと付いた素朴なクラッカーです。


オーブン180度で20分焼きました。




焼く前に包丁で切れ目を入れました。↓


DSCN9681.JPG


ソフトクラッカーという仕上がりです。

もう少し固い方がクラッカーらしいかな。


次回作る時は、固く仕上げるように


もっと薄く伸ばし、サラダオイルも


少な目にしようと思いました。





人参ジュースを作ると、大量に出るのが絞りカスです。


人参ジュース.JPG



人参の搾りかす↓


捨てるのはもったいないです。


DSCN9669.JPG






テーブルの上に置いておくと


つい手が出ます。


とても美味しいです。



DSCN9685.JPG



クッキーと違い種を寝かさなくても

よいので、すぐに出来ます。


オーブンを予熱しながら、クラッカー作りを始めます。

予熱が終わった頃、焼きに入ります。



簡単に早く出来るのが良いです。




----------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク





メバルを頂きました。 [料理]

スポンサーリンク



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メバルを頂きました。


知人から釣りで釣ったというメバルを頂きました。

20㎝越えの比較的大きなメバルを3匹。

メバルは高級魚の部類に入るようです。


mebaru22.JPG




お刺身も良いけど、

捌くのが大変そうなので、

焼き魚と煮付けにして食べました。



メバルの煮付け↓

甘辛いお出汁が白身魚によくからんで美味しいです。

1匹を半分ずつにして食べました。



煮魚.JPG



名前の由来について

メバルは漢字名で眼張または目張。

大きなぱっちりとした目から、

名付けられたようです。


煮付け お頭の方↓


010.JPG


塩焼き↓

クッキングヒーターの魚焼きグリルで焼きました。


グリルで焼く.JPG



塩焼きはシンプルながら美味しいです。


焼き魚.JPG


食べた後、解った事ですが、

先日、スーパーの鮮魚売り場でメバルが

何と1000円近くて売られていました。



値段を見て驚きました。

美味しく頂きましたが、値段を知っていたら、

更に美味しさが増したのではないかと思いました(苦笑)



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






橙ポン酢を作りました。 [料理]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

橙ポン酢を作りました。

橙のマーマレード作りをしていると、

果汁が余ってしまいます。

思い付きで、この果汁を使ってポン酢を作ってみようと思いました。


橙ポンズ.JPG


参考にしたのは、

いつもお世話になっているクックパッドです。


思いのほか、美味しかったのには、

驚きました。


庭の橙↓


橙20個.JPG


材料も家に普段から有るものなので、

買いに行く必要もありません。


橙(だいだい)の木

だいだい.JPG



材料は、

ダイダイ果汁とミリンとお醤油、

それに昆布です。


軽量カップには果汁とミリンが入っています。↓

空き瓶に詰めようと思います。↓

ポンズ.JPG




果汁とミリンと醤油は同じ割合にしました。

果汁180cc・ミリン180cc・しょうゆ180cc

昆布3グラム


昆布.JPG



作った初日は失敗したかなと思いましたが、

3日目ぐらいから味が馴染んできます。


とても美味しい橙ポン酢です。

今ではお鍋にほうれん草のおひたしにと、

大活躍しています。


橙ポン酢.JPG


橙の果汁でポン酢が作れるとは驚きました。

今までは、橙を半分に切って直接、

お料理にかけていました。


半分橙.jpg


それはそれで美味しかったのですが、使いきれず

橙は木に取り残したままでした。


橙ポンズ.JPG


ポン酢にして冷蔵庫に入れて置くと長く持つようです。

長く持って美味しいとは、言う事無しです。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク