So-net無料ブログ作成
検索選択
アサガオの観察 ブログトップ

シベリア朝顔の観察(パート5) [アサガオの観察]

スポンサーリンク




----------------------------------------------------------------------------------------------

毎日、たくさんの朝顔が
咲いています。

曇りの日に見る朝顔は↓
青いアサガオと赤いアサガオが
花開いた姿で
同時に見られます。



DSCN9585.JPG


赤いアサガオは知人から
種で頂いたシベリア朝顔です。



天気の良い日は、
早朝、青い朝顔が咲いていますが↓
赤いシベリア朝顔は開ききっていません。



朝.JPG


そして、
青いアサガオは午前9時頃
しぼみ始め、

赤いアサガオは10時頃に開花します。



それぞれに開花するタイミングが
ずれるので、
同時に開花した姿を見る事が出来るのは、
曇りの日です。↓



DSCN9586.JPG


シベリア朝顔の観察は今回で5回目です。


実は他にも
シベリア朝顔を
地植えで2株、松の根元に植えました。



DSCN9596.JPG


茎がひょろ長く、
花が咲くのか気を揉みましたが
ちゃんと咲きました。


しぼんだ朝顔も↓ボタンのようで
可愛いです。


DSCN9682.JPG


普通の朝顔と
シベリア朝顔は葉の形が違いますね。

シベリア朝顔は丸葉(芋葉)です。



---------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(55)  コメント(0) 

シベリア朝顔の観察(パート4) [アサガオの観察]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------------------------

シベリア朝顔の観察は
今日で4回目になります。


シベリア朝顔という
珍しい名前のアサガオを種から植えました。


種を植えてから花が咲くまで
約2か月間かかりました。

今では毎日沢山の朝顔が咲いています。


シベリアアサガオ.JPG


上の写真↑は今朝の9時半頃に撮影しました。

もう普通の朝顔(空色の朝顔)は
しぼみ始めているのが解ると思います。


シベリア朝顔は普通の朝顔に比べ
開花する時間が遅いです。



こちらは朝7時半に撮影した写真です↓

朝.JPG


普通の朝顔(空色)は花が開いていますが、
シベリア朝顔は花が開ききっていません。


完全に花開くのは10時頃でしょうか。



こちらは鉢植えのシベリア朝顔↓

DSCN9394.JPG



知人からシベリア朝顔と言われて
頂いたアサガオの種ですが、

半分ぐらい
普通の朝顔の種が入っていました。


DSCN9389.JPG



この場所に5株植えましたが、
そのうちの1つは違う朝顔でした。
葉が違いますね。


空色をした爽やかなアサガオです。



---------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク





nice!(48)  コメント(0) 

シベリア朝顔が開花しました。 [アサガオの観察]

スポンサーリンク



----------------------------------------------------------------------------------------------

シベリア朝顔の観察日記3回目です。

シバリア朝顔が本日開花しました。
花は赤色でした。
明るく可愛い赤色です。


DSCN9195.JPG


数か月前、シベリア朝顔という、
珍しいアサガオの種を
知人から頂きました。

今日は花が5つ咲きました。↓


DSCN9194.JPG


朝顔の種を育苗用トレーに植えたのが
6月4日。


育苗用トレーから地植え↓と鉢植えに
植え変えたのが6月25日。


DSCN8474.JPG


その後ツルが伸び、
全部シベリア朝顔と思ったいたのですが、


本葉を見ると
なんと普通のアサガオがひとつ混じっていました。
(黒丸で囲んでいる朝顔です。)


7月10日撮影↓

DSCN8742.JPG



種まきから花が咲くまで
約2か月間かかりました。

花は普通見かけるアサガオより
小さめです。


DSCN9196.JPG


特徴は葉です。
普段見るアサガオの葉とは明らかに違います。
調べてみると丸葉(芋葉)と呼ばれる葉です。

ハートの形をした可愛い葉です。


DSCN9198.JPG



花はこれ以上↑開かないようです。


全部シベリア朝顔の種だと思っていたのですが、
半分は違う種が入っていました。



DSCN9204.JPG

こちら鉢植え↑にしたものです。
この鉢に2株植えたのですが、
2株とも普段見かけるアサガオでした。



---------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






シベリア朝顔の観察(パート2) [アサガオの観察]

スポンサーリンク



---------------------------------------------------------------------------------------------
シベリア朝顔の観察日記2回目です。

アサガオを育苗用トレーから、
地植えと鉢植えに植え替えしたのを、
6月25日に記事にしました。

あれから約2週間経ち、本葉もツルも伸びてきました。↓


DSCN8741.JPG



7月10日
今日、伸びてきたツルを摘心しました。↑

摘心は葉が8枚から10枚になった時に、
ツルの先を切ると
脇芽が出て葉が生い茂り、
花数が増えるとの事です。


6月25日のアサガオ↓

DSCN8474.JPG



既に脇芽が出ている株もありますが、
ツルの先端を切りました。

地植えのアサガオはマキの木に
絡ませるつもりです。

7月10日撮影↓

DSCN8740.JPG

笹竹に朝顔のツルを絡ませ、マキの木まで、
誘引します。

シベリア朝顔とは違う、種も入っているようです。
葉の形が違っています。

黒丸で囲ってある株は普通のアサガオですね。
両脇の朝顔とは違う葉の形をしています。



DSCN8742.JPG



こちらは鉢植えのアサガオです。
百円ショップの「ツル巻き用リング支柱」を
購入し、鉢にセットしました。

これが行灯仕立てというのですね。



7月10日撮影↓

DSCN8746.JPG


6月25日撮影↓

DSCN8478.JPG


あんどん型とは、
植物の周りを囲むように支柱を立て、
ひもでグルッと一周させるのを
行灯型というそうです。

支柱とヒモさえあれば自分でも作れそうです。



---------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






シベリア朝顔の観察 [アサガオの観察]

スポンサーリンク



------------------------------------------------------------------------------------------

珍しいアサガオの種を頂きました。

シベリア朝顔と言います。
調べていくと、そこには物語があるようです。


DSCN8475.JPG



シベリア朝顔、
どんな花を見せてくれるのでしょうか。

アサガオの観察をしていこうと思います。

6月14日

シベリア朝顔の種です。

DSCN8471.JPG



朝顔の種25個に爪やすりでキズを付ける。
緑の丸で囲んだ種↓
こうすると発芽しやすいとの事。


DSCN8481.JPG


育苗用トレーに土を入れる。
種を植える深さは1cm、
種を25個植えました。




6月20日
双葉が出てきました。
よく見ると双葉に穴が開いています。
爪やすりでこすり過ぎですね。
加減が解りません。



DSCN8398.JPG


6月23日
育苗用トレーから、
苗を地植えと鉢3つに植え替えました。


6月25日

地植えの様子
アサガオの苗を5つ植えました。
後ろは槙の木です。
朝顔のツルをマキの木に絡ませたいです。


DSCN8474.JPG

鉢3つ

DSCN8477.JPG


DSCN8478.JPG



DSCN8479.JPG



中には本葉が出ている苗が見られます。

DSCN8478.JPG

本葉が普通のアサガオと葉の形が違います。
これがシベリア朝顔の特徴のようです。



--------------------------------------------------------------------------------------



スポンサーリンク






アサガオの観察 ブログトップ